Galaxy Foldのハンズオン動画が公開、不具合の報告も

公開日: : サムスン ,

galaxyfoldtaco-800x450

数か月前に発売を延期していたGalaxy Foldが販売、早くもハンズオン動画が公開された。

1980ドルという20万円を超える高額ながら折り畳める画面という次世代のスマートフォン・タブレットの形を提案することから注目度の高いGalaxy FoldをApple系メディアが評価する。

Galaxy Foldのハンズオン動画が公開

Apple系ニュースを中心としたメディア”MacRumors”が、Android OSを搭載したGalaxy Foldのハンズオン動画を公開した。

下記はGalaxy Foldの開封から第一印象を伝える動画となっていた。

ハンズオン動画でレビュワーはGalaxy Foldについての注意書きが多いことに触れている。

ディスプレイには軽めのタッチで接し、水や埃を避け、圧迫しないよう、磁石を近づけることにも注意してほしいようだ。

機能面を確認するとディスプレイは4.6インチで、展開することで7.3インチのタブレットとして使用できる。ディスプレイの折り目は目立つことなく、上手に溶け込んでいるとのこと。

筐体の右側面には指紋センサーと音量・電源ボタンを配置。カメラは背面にトリプルカメラ、展開時の前面にデュアルカメラ、折り畳み時のディスプレイ上部にシングルカメラがある。

同メディアのレビューは数時間で、その間にディスプレイやヒンジなどの問題は確認できなかったようだ。Samsungは問題が発生した購入者に対して149ドルのスクリーン交換プログラムを用意している。
その予防線が正しいのかわからないが、すでにTechCrunchでディスプレイに問題が発生したという報告が挙がっている。

Appleも特許情報などから折り畳み端末を検討していることがわかっているが、液晶パネルの技術と筐体のアイデア、使い勝手など課題は多い。そのため、完全ワイヤレスイヤホンや電子決済などのように普及してから付加価値と独自の名称を付けてiPhoneまたはiPadで採用すると思われる。

前回⇒Samsung、画面折り畳み『Galaxy Fold』を9月発売へ

よく一緒に閲覧される記事

『Galaxy Z Flip』の分解レポート、畳めるガラスの場所が判明

昨日ハンズオン動画で折り畳めるガラスディスプレイが爪でもキズをつけ

Galaxy Z Flipの畳めるガラスに問題か、爪でキズ

KDDIが2月18日より予約注文の受付を開始しているSamsung

畳めるスマホ『Galaxy Z Flip』をau独占販売へ

KDDIおよび沖縄セルラーは2月12日、折り畳めるスマートフォン「

→もっと見る

PAGE TOP ↑