無印良品レビュー、吊るせるケース小物ポケットをガジェット収納に使う

公開日: : 周辺機器 ,

IMG_7873

前回に続き、無印良品のアイテムを使ってガジェット小物を収納したい。今回は収納だけでなく「持ち運べる」ことを意識しているので『吊るせるケース小物ポケット』を選んだ。

携帯するため使用率の高いアイテムを仕舞っていく。

無印良品レビュー、吊るせるケース小物ポケットでガジェット収納

この「吊るせるケース小物ポケット」(HANGING CASE)と似た製品でポーチ付きモデルがある。今回レビューするのはポーチのないタイプ、2つの基本構造は同じだと思われる。

IMG_7864

白いホコリが目立つ黒を選んだが、表地のポリエステル100%により手で軽く掃うだけでホコリは落ちた。本体サイズは12x18センチ、カンボジア製で価格は税込み1390円だった。

さっそくベルトを外して内部をチェックしたい。

IMG_7865

ファスナーで開閉するメッシュの収納ポケットが3列並び、奥行きが異なる。フックに近い浅めのポケットは中央が縫われていて2つにわかれていた。

IMG_7866

表面にポケットはなく、シンプルな無印らしい外観となっている。

ガジェット小物を仕舞う

手持ちの良く使うガジェット小物を収納、ファスナーをした状態で撮影した。

IMG_7867

想像していたよりも多くのアイテムが詰め込めた。それぞれのポケットに入っているアイテムを見てみよう。

IMG_7868

左の浅いポケットにはMicroSDカードを収納している無印のケースとイヤホンを入れた。

中央の最も深いポケットには中身を抜いて乾電池を入れた100均のMicroSDカードケースとCanon電池の充電器、Lightning仕様のMicroSDカードアダプタとMacBook Pro用のUSBハブが入っている。

そして、右側のポケットにはAUKEYモバイルバッテリーと過去にレビューした3in1のUSBケーブル。

IMG_7870

しばらくして乾電池を持ち歩くことはないなと気づき、外出先でコンセント差込口を提供してくれる店舗が増えていることもあってRAVPOWER急速充電器と交換した。

IMG_7872

全てを包んでベルトを締めようとすると思ったより厚みがあり、ベルトを目一杯まで伸ばして丁度だった。

この「HANGING CASE」をバッグに入れていけばCanonカメラとiPhone、MacBook Proの3つの電源を確保できて、撮影データを各デバイスで読み込むことができるようになる。

フックにかけるシーンは少ないと思うので、フックの横にある小さなポケットへ収納したままになる思う。

実際に使っていくと外出先で必要なアイテムが変わっていくので、その度にアップデートを行い最適化するのも楽しそうだ。無印らしいシンプルな佇まいでバッグ内もスッキリできる、良い買い物ができた。

前回⇒(無印良品レビュー)ガジェットをスリムに整理『ナイロン手付ポーチ・薄型』購入した話

リンク:吊るせるケース小物ポケット

よく一緒に閲覧される記事

ドンキが49800円の50型4K/QLED液晶テレビ(と58型)を発表、発売日

ドン・キホーテは5月14日、プライベートブランド「情熱価格プラス」

旅行や衣替えに、圧縮袋・圧縮バッグ比較5選

最初は冬物をコンパクトに収納すると言う目的で検索していたが、 調べ

無印良品、Amazonでの販売開始

良品計画は5月1日、同社が展開する「無印良品」の約250商品をAmaz

→もっと見る

PAGE TOP ↑