Googleフォトに抜け穴か、iPhoneから無圧縮で無制限アップロード可能に

公開日: : Apple ,

google-photo-01

iPhoneで撮影した写真を元の画質で、そのまま無制限にGoogleフォトへアップロードできることが判明して話題となっている。その一方でPixel 4は無圧縮の写真が無料アップロードの対象外となるなど不思議な状態になっている模様。

iPhoneからGoogleフォトに無圧縮・無制限アップロードが可能に

Redditユーザーの投稿で発覚したiPhoneユーザーが喜ぶGoogleフォト活用術は、iPhone 7/7 Plus以降の端末で設定メニューのカメラにあるフォーマットという写真の保存形式で「高効率」を選択、次にGoogleフォトアプリの設定にあるアップロードサイズにて高画質(無料・容量無制限)を選ぶことで利用できる。

この設定を行うと画像ファイルのサイズが従来の半分程度になるHEIC / HEIF形式で保存されるが、HEIFファイルにすることでGoogleフォトへ無制限にファイルを保存できるようになるとのこと。

この現象については通常の保存形式JPGに比べて高効率で十分に圧縮されたHEIC / HEIFをGoogleフォト側で再度ファイルの圧縮をしようとするとファイルサイズが大きくなってしまう可能性があるほか、世界中のiPhoneユーザーがアップロードするHEIC / HEIFファイルの再圧縮に割り当てために大きなリソースが必要になることが理由とみられている。

動画の圧縮とPixel 4

iPhoneの動画について、9TO5Macが試したところHEVC形式がフルHD(1080p)に圧縮されたと報告している。そのためGoogleフォトの抜け穴をくぐれるのは写真だけとなる。

また、Google製スマートフォン「Pixel」シリーズは無圧縮の写真をGoogleフォトに無制限に保存できることを売り文句としてきたが、最新Pixel 4では、その特典を失っている。

9TO5MacがPixel 4の写真をHEIC / HEIF形式で保存する方法を模索したが、同じトリックを利用する選択肢がないことが判明したと伝えている。しかし、Android 10では技術的に同機能をサポートしているためPixel 4ユーザーは近いうちに利用できる可能性が残されているとも伝えた。

しかし、Android 10でHEIFを採用するということはGoogleフォト側で無制限アップロードの対象外になる可能性もあると思われる。

続きGoogleフォトの抜け穴は「バグ」、iPhoneの無制限アップロードは修正へ

Source:9TO5Mac

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE第2世代向け、360度のぞき見防止 Agrado保護フィルム購入レビュー

昨日の保護ケースに続き、本日はiPhone SE第2世代向け360

第2世代iPhone SE向け、薄型TORRAS保護ケース購入レビュー

先日よりメイン端末として使用しているiPhone SE第二世代が問

iPhone12 miniのコンセプト画像が登場

2020年秋のリリースが期待されている5.4インチiPhone (

→もっと見る

PAGE TOP ↑