Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

公開日: : スマートウォッチ

TMhoRiRZcZSS787othWLe6-650-80

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からApple WatchのディスプレイにTouch IDが内蔵される可能性が伝えられている。

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か

今回USPTOが公開した特許内容はApple Watchのアンテナを時計バンドに内蔵し、ディスプレイの下に他のコンポーネント(海外メディアは「恐らくより大きなバッテリー」ではないかと推測)を搭載できるようにするといった内容と伝えられている。

その一方で、実際にWiFiやeSIM、Bluetoothといったアンテナを時計バンドに埋め込んだ場合、曲がり具合や素材によっては摩擦による劣化など課題が多いほか、替えバンドが制限されると指摘されていた。

その特許情報には「Apple Watch Display may Support Touch ID」という記述があり、文字通りApple WatchのディスプレイがTouch IDをサポートするかもしれない。

Appleは新しい製品で主に顔認証Face IDを採用しているが、従来の指紋認証Touch IDも継続する方針を明らかにしていることから期待できる話だ。

現行モデルでは既にApple Payによる電子決済、Macのロック解除といったことが可能だが、Touch IDによりセキュリティレベルの向上や単体で使用するときのパスコード入力回数は大きく減るだろう。

また、Face IDは技術的な問題から端末コストを高騰させてしまうことが指摘されており、Touch IDの安価な製品が求められている。しかし、今回の特許に出てくるのは現行のTouch IDではなく、ディスプレイ埋込タイプだ。

それでも、Android製品で普及し始めていることからFace IDより安価な技術になる可能性がある。顔認証技術の時と同じくAndroidのフラッグシップ・メーカーが出揃ったあたりで導入するかもしれない。

Source:techradar via:Patently Apple

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑