スマートLEDランプ「TP-LINK KL110」購入レビュー、セットアップ編(echo flex)

公開日: : Amazon Kindle , ,

TP-LINK-KL110-Review_8586

前回echo flexの開封記事を書いた際に手元にあったWi-Fi対応LED電球を使って一気にセットアップまで済ませるつもりだったがAlexa非対応だったため、今回レビューするTP-Link製のKasa スマートLEDランプ「KL110」を追加で購入した。

しかし、セットアップが意外と手間だったので別途記事としてシェアする。

echo flexでKasa LEDランプを操作しよう

新たに購入したLEDランプは「KL110」という型番で、調光機能付き800ルーメンのE26口金となっている。同モデルには様々な色に変化させることができるタイプが数百円差で発売されているが、多機能=故障率の上昇というイメージがあるためシンプルな「KL110」を選んだ。

KL110はアマゾンでレビュー数が241件(新規順に表示)あり、事前に問題をチェックできたのも選んだ理由となる。

TP-LINK-KL110-Review_8589

「KL110」のパッケージには本体の他にセットアップを案内する紙と保証書が入っていた。海外製の製品で900円ほど安いスマートLEDライトもあったがレビューの不具合報告もあり、そのトラブル対応の手間を考えるとTP-LINK製にしてよかったと思っている。

TP-LINK-KL110-Review_8591

次に電球を差し替える作業を行った。IKEAの格安電球は400ルーメンと暗いがペンダントライトで使うので程よい明るさだった。僅か4Wというのも気に入っている。

今回の「KL110」は調光800ルーメンとWi-Fi対応ということで消費電力は9.5Wとなる。同じ800ルーメンという明るさのWi-Fi非搭載LEDランプが大体8W前後なので、Wi-Fiモデルだから極端に電気を消費するというわけではないようだ。

スマートLEDランプ「KL110」のセットアップ

この「KL110」はAlexa対応ということでAlexa単体でセットアップできると思ったがKasa Smartという専用アプリが必要だったので、そこから設定を始める。

はじめにFireタブレットやiPhoneなど各アプリストアにて「Kasa Smart」(価格無料)を検索してインストールする。アプリを起動するとアカウントを求められるためメールアドレスと任意のパスワードを入力して作成する。ちなみにパスワードを忘れてしまってもメールアドレスだけで再設定できる。

ここからはAlexaではなく「Kasa smart」アプリでの設定画面内の手順となる。

  1. ログインしてメイン画面が表示されたら画面道上にある「+」アイコンを選ぶ。
  2. 「端末を追加」⇒スマートライト⇒スマートLEDランプへと進む。
  3. 「遠隔操作開始同意文」に同意する。
  4. 電源OFFの状態でスマートLEDランプを装着するという案内に従う。
  5. 電源を入れ、電球が3回点滅するのを待つ。
  6. 位置情報を有効にする。を選び「許可」する。
  7. スマートLEDランプに接続中という画面になり、最大で数分待つ。
  8. Wi-Fi設定画面で必要項目を追加する。
  9. 突然AlexaがKL110を検出したと話し出す。
  10. 端末の名前を付ける。
  11. アイコンを選ぶ。
  12. おとめでとうございます画面で完了。

上記の12まで進んだところでスマートLEDランプに利用できるという新しいファームウェアがあり、数分でアップデートできて最高のKasa体験ができるというので実行した。その後、完了通知の画面となり端末が再起動するという案内が表示された。

この時点でKasa smartアプリに表示されたONボタンを押すと照明のON/OFFが行えるようになった。

上記の手順9にAlexaが反応したと書いたが、自動でデバイスが検出されたようだ。この反応がない場合は手動でデバイスを追加することになる。

専用アプリ「Kasa smart」では調光機能を使った明るさ調整や「スケジュール」機能を使って曜日と時間をしてした自動動作を設定できるほか、今日の使用量として電力や時間を表示したり、60W電球と比較した数値を確認できる。

TP-LINK-KL110-Review_8592

「KL110」はIKEAの電球よりも長いためペンダントライトの形状によっては目立ってしまうかもしれない。調光機能が備わっているため就寝時間にあわせて部屋を暗くするといったことが可能になった。

Alexaでのセットアップ

次にAlexaで音声操作をするためのセットアップを行おうとAlexaアプリを起動したが「スキルが応答していません」と表示されてしまい何も操作できない。

しかし、専用アプリからの遠隔操作が行えているため、製品自体に不具合はなさそうだ。

次回はAlexaで「KL110」を操作するために行った設定をレビューする予定だ。

⇒最新レビューは購入した「KL110」の販売ページ

続きAlexaエラー「スキルが応答していません」と「サーバーが応答していません」を解決する方法
前回⇒echo flex購入レビュー、開封からセットアップまで

よく一緒に閲覧される記事

非対面のビデオ通話に、Echo Show 5が2台まとめ買いで1台無料セール中

定価9980円の『Echo Show 5』を2台まとめて購入すると

(祭り)防水Kindle Paperwhiteが3000円OFFに、無印Kindleは2000円OFF

アマゾンジャパンが3月27日午前9時より開始した新生活セールにおい

3/27開催のAmazon新生活セール、特価セール品の掲載スタート

アマゾンジャパンが3月27日の午前9時より開始する「Amazon新

→もっと見る

PAGE TOP ↑