小型タブとして良さげな6.53型「Xiaomi Redmi Note 9」が早くも18,656円に

公開日: : Xiaomi , ,

Xiaomi Redmi Note 9 Global 20200611040016

中国シャオミが2020年4月30日にグローバル発表した最新スマートフォン「Xiaomi Redmi Note 9」は
日本のアマゾンで25,920円となっているが、海外ショップでは早くも特価セールが開始された。

数日間の期間限定ながら18,656円となっている。

この記事では7インチクラスのタブレットとして使えるのかどうかと言う目線でスペックを見ていきたい。

6.53型「Xiaomi Redmi Note 9」が値下げセール

アンドロイドOSを搭載した端末はスマートフォンの方がカメラやプロセッサのスペックが高いことが多く、その分だけ価格も高くなる。しかし、「Xiaomi Redmi Note 9」はスペックと価格のバランスがとれた印象を受ける。

記事冒頭でタブレットとして見ると書いたが最初に対応周波数を見ていこう。

2G:GSM B2/B3/B5/B8
3G:WCDMA B1/B2/B4/B5/B8
4G:FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20、TDD-LTE B38 / B40 / B41

NanoSIM+microSIMのトリプルスロット仕様なので、スマートフォンとしても十分に使える。

続いて主要なスペック情報。

ディスプレイは6.53インチで13MPフロントカメラがパンチホール式のため、解像度は2340×1080と高い。

Xiaomi Redmi Note 9 Global 20200611040031

ボトムのベゼル幅も狭く、7インチや8インチのタブレットはベゼルレスが少ないため、6.53インチでベゼルレスというだけで大きな魅力を感じてしまう。

CPUにはMediaTekの「Helio G85」 (12nm)を積んでおり、2.0 GHz x2コアと1.8 GHz x6コアのオクタコア仕様、RAM3GBとなっている。

バックカメラは標準48.0MP + 超広角8.0MP + マクロ2.0MP + 深度2.0MPのクワッドカメラと豪華な仕様となっている。

バッテリー容量は5020mAh、18W急速充電に対応しているだけでなくモバイルバッテリー機能を搭載し最大9Wの電源供給を行える。

インターフェイスはUSB-Cとイヤホンジャック、本体サイズは162.3mm * 77.2mm * 8.9mm 、重量は119g。

価格、セール情報

「Xiaomi Redmi Note 9」は日本のアマゾンで25,920円、販売開始時期も7月となっているが、今回セールを実施している海外ショップBanggoodでは24時間以内に出荷し、フラッシュセールで特価18,656円となっている。

→最新の価格と出荷時期、在庫状況は「Xiaomi Redmi Note 9」販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

(祭り)日本版「Xiaomi Mi Note 10」が特選タイムセールで大幅値下げ

Amazonのタイムセール祭りでRAM6GBに世界初の1億800万

カメラの見えないスマホへ、Xiaomiが「画面埋め込みカメラ」発表

中国Xiaomiは現地時間8月28日、スマートフォンのディスプレイ

RAM6GB/128GBな6.67型ゲーミングスマホが特価23,312円に、3日間限定

小型タブレットとしても十分に使える大画面6.67インチにRAM6G

→もっと見る

PAGE TOP ↑