総務省、MNP「原則無料」を来年適用へ

公開日: : モバイル通信

0SIM_by_So-net_2845

総務省は8月27日、携帯電話番号を変えずに他社へ乗り換える番号継続制度(MNP)の手数料について、現在の一律3000円からウェブ手続きであれば無料にする方針であることを明らかにした。

MNP「原則無料」を来年適用へ

毎日新聞によると総務省の27日に行われた有識者会議で、MNP見直しを含めた報告書の骨子案が了承を得たとしており、年内にも指針を改定、来年からの適用を目指すとしている。

 MNPは契約毎に電話番号が変わる不便を解消すべく2006年に導入された制度で、システム開発や初期導入コストの回収を理由に手数料2000円を請求、2020年では3000円を一律で設定している。

Rakun-Un-LIMIT-review_8864-01

今回の報告書ではウェブ手続きによる費用は「軽微」であるとして手数料は「無料が適当」とした。また、店舗や電話での手続きは人件費がかかるため「1000円以下が適当」と提案している。

さらにウェブ手続きの受付時間は現在の「午前9時から午後8時まで」から「24時間」に拡大することを求めるほか、ポイントなどでMNP申請を引き留める行為も禁止にする。

Source:毎日新聞

よく一緒に閲覧される記事

Rakuten MIniが実質ではなく1円に、さらに楽天ポイント7000円分還元も併用可

おサイフケータイに対応した世界最小のスマートフォン「Rakuten

UQ mobile「くりこしプランS」は格安SIMの本命という話

コストパフォーマンスの優れた格安SIMサービス(MVNO事業者)を選ぶ

nuroモバイルが「データ無制限プラン」を月額3480円で開始、3日制限など

ソニーネットワークコミュニケーションズは1月18日、MVNOサービス「

→もっと見る

PAGE TOP ↑