原道 N70双撃 購入レビュー(到着!開封編)

公開日: : 最終更新日:2012/08/05 原道 N70双撃 ,

赤札天国さんから原道 N70双撃が届きました。

仕事が早くて感謝です。

開封の様子を画像とともにレビューしてみます。

P7312385_R

原道N70双撃の開封レビュー

こんな感じのダンボールで原道 N70双撃が届きました。

P7312374_R

赤札天国さんはプチプチで梱包してくれていました。

P7312375_R

プチプチから出した状態、大き箱は原道 N70双撃本体ですが小さい箱は何だろう

P7312376_R

原道 N70双撃の化粧箱

P7312377_R

小さい箱を開けると電源が入っていました。

P7312378_R

原道 N70双撃の化粧箱を開けると本体が見えました。

P7312379_R

本体の下には、3つのアイテムと原道の合格書、何かの紙がありました。

P7312380_R

イヤホンです。

P7312381_R

これは嬉しいOTGケーブルですね

L-06Cの時もありましたが便利ですよね

単体で買うと500円くらいしたと思うのでありがたいです。

P7312382_R

一般的なUSBケーブルです。

P7312383_R

原道 N70双撃の本体を出しました。

何故か本体が熱いです。

今日は暑かったからなのか。。。配送時の保存方法に思いをはせました。

P7312384_R

コンセントからの給電もせずに起動してみました。

何やらバッテリーが半分以上ありそうなので安心します。

P7312385_R

初期のホーム画面です。

P7312386_R

編集後記

起動して動作確認しましたが、液晶やボタン等の問題も特になく

それどころか、動作がキビキビしていてNovo7 Auroraのモッサリ感を再認識しました。

あとで触った感想の評価・レビューを書いてみたいと思います。

。。。

一方、原道N50ですが。。。

アマゾンで注文した原道N50は、発送したというメールは届いていますが

記載されている追跡番号を見ても未登録の番号ということで

やはりjhnショップを選んだのは失敗かもしれません。

ネット上でトラブルがあった会社は避けたほうが良いのかも知れませんね

それを考えると個人でも赤札天国さんは昨日の朝に注文して

今日の午後過ぎに届くというアマゾンのプライム並の速達を実行していただきました。

Novo7 Auroraに続き、お世話になっております。

何だかんだで自分で記事にしておきながらWi-Driveと原道 N70双撃

アマゾンで買えずに今日にいたっております。

原道N50は小型タブレットということで「スマ部」で記録しています。

  • アマゾン:原道N70双撃 (2012年7月31日現在、14500円)

よく一緒に閲覧される記事

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑