まもなくApple Silicon版MacBook発表か、ベンチマーク登場

公開日: : Apple , ,

Appleが日本時間11月11日午前3時にイベント「One more thing」を開催し、その場でApple Silicon搭載MacBookの3製品を発表すると噂されていたが、新たに注目のチップ「A14X」とするベンチマーク・スコアが海外メディアで伝えられている。

A14Xのベンチマーク・スコア

Appleは202年6月の年次開発者会議「WWDC 2020」で、MacのCPUをIntel製からARMアーキテクチャをベースにした「Apple Silicon」に置き換えていく方針を発表した。その際、開発者向けにApple Silicon搭載「Mac mini」の貸し出しも開始、それから2020年内にApple Silicon版MacBookがリリースされるという噂が伝えられてきた。

このApple SiliconはiPhone 12シリーズのA14 Bionicをベースに開発されていると言われており、今回「A14X」という名称でベンチマーク結果が掲載された。

「A14X」は大小の8コアで構成され、動作クロックは1.80GHz(ターボブースト時は3.10GHz)、3GHzを超える初のデバイスになると期待が高まっている
また、GPUスコア情報からRAM 8GBが内蔵されているようだ。

AppleinsiderによるとA14Xのベンチマークスコア(シングルコア/マルチコア)は次のようになっている。

  • A14X:1634/7220
  • A14_:1583/4657
  • A12Z:1118/4198

同メディアは比較対象として16インチMacBook Pro(Intel Core-i9モデル)のベンチマーク結果(シングルコア1096/マルチコア6869)を伝え、A14Xが持つ処理性能の高さを伝えた。

スコアを提供するGeekbench5で「未知のデバイス」として扱われていることからベンチマークが本物であるかどうかは不明、検証中とも伝えている。

Apple event 202011

他のメディアでは、今回のイベントでApple Silicon版13.3インチMacBook ProとMacBook Airの2機種が発表され、16インチMacBook Proは後日アナウンスと伝えていた。(発表だけは一緒という情報もある。)

このApple Silicon版シリーズについては、Mac Proが半分サイズになって登場するという話やMac miniが小さな筐体になるという話もある。しかし、MacBookシリーズについてはチップが変わるだけで筐体・デザインは変わらないと伝えられている。

少なくとも今言えることは、日本時間11月11日午前3時より開催される「One more thing」イベント前にMac製品を購入するのは控えたほうが良いということだろう。

Source:Appleinsider

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12 mini減産し12 Pro増産か、日本で4モデル配達状況をチェック

2020年1月に入ってからiPhone 12シリーズの売れ行きが報

iPhone 13で指紋認証が復活か、2021年モデルの可能性 #TouchID

実績あるリーカーJon Prosser氏が2020年12月に伝えていた

Appleが折り畳みiPhone開発中か、iPhone13は充電ポート廃止など

Appleが2021年内にリリースするiPhone 13についての最新

→もっと見る

PAGE TOP ↑