Apple「iPhone 12は医療機器から15cm/30cm離して」と案内

公開日: : Apple

Appleは日本時間2021年1月25日、iPhone 12シリーズとワイヤレス充電MagSafeに関するサポートページを更新し、医療機器へ影響を及ぼす可能性を伝えた。

iPhone 12は医療機器から15cm離すことを推奨

Appleは米国時間1月23日に米国版のサポートページを更新、日本では1月25日にアップデートを行った。

それによるとiPhoneは磁石のほか、電磁場を発生させるパーツや無線送信機を内蔵しており、別売のMagSafe アクセサリもすべて磁石を内蔵、これらの磁石や電磁場が医療機器に干渉するおそれがあるとしている。

具体的には、次のような説明が掲載されていた。

植え込み型のペースメーカーや除細動器などの医療機器に内蔵されているセンサーが、磁石や無線送信機が近付くと反応する場合があります。こうした機器への干渉の可能性を排除するため、iPhone や MagSafe アクセサリを機器には近付けず、安全確保のために必要とされる距離を確保してください (15 cm 以内、またはワイヤレス充電時は 30 cm 以内には近付けない)。具体的なガイドラインについては、かかりつけ医や医療機器メーカーにお問い合わせください。

15cmはiPhone 8やiPhone SE 2020の長辺よりも長くスマートフォン1台分は身体から離した方が良い。さらに充電中は30cm以上ということでワイヤレス充電器の設置はペースメーカーの位置から外し、動線の近くは避けた方が良いだろう。特にカーマウント充電器はモノを取り出す時など30cm以内に近づく可能性がある。

Apple製品に限らずAndroid端末や完全ワイヤレスイヤホンなどのQiワイヤレス充電も強力になっているので注意したほうがよさそうだ。

Belkin car vent mount pro

さらに詳しい説明はAppleサポートページ

よく一緒に閲覧される記事

M1搭載「iPad Pro」発表、ミニLEDやRAM16GBなどスペック・価格一覧

Appleは4月21日、フルスペックを選択すると税込279,800円と

新型12.9インチiPad Pro向けミニLED、4月後半に出荷増か

新型12.9インチiPad Promのバックライトとして供給が期待され

iPhone 13は有線ケーブル非対応でディスプレイ指紋を搭載か

2021年秋ごろにリリースが予定されている新しいiPhoneについて、

→もっと見る

PAGE TOP ↑