郵便局で「楽天モバイル」、歴史的提携で業界激震(動画)

公開日: : モバイル通信

日本郵政・日本郵便と楽天は3月12日、資本・業務提携に合意したと発表した。日本郵政が楽天に1499億円を出資、株式の8.32%を保有している。

郵便局と楽天のメリット

今回の提携について、日本郵政は郵便局を全国に抱えていてオフラインの物流に強いもののオンラインに弱い現状から楽天を「最高のパートナー」としている。

その一方で、楽天モバイルは最も懸念されていたアンテナを郵便局に設置し、回線・エリア問題を一気に解消する。すでに400局以上は設置済みで500局以上に設置する予定とのこと。

さらに郵便局を携帯ショップとして運用、申し込みカウンターを設置するとしている。

Rakuten 20210313051351

過疎地を含め全国2万4千ある郵便局に協力を求められるようになった楽天モバイル、最近になってahamoやpovoなどオンライン対応に熱心だった大手3社の理由が判明した。

オンライン販売に強い楽天、オフライン物流に強い日本郵政によってオセロ盤は大きく赤色へと反転できるのか注視したい。

 

よく一緒に閲覧される記事

月額550円から?速度は?ドコモ「エコノミーMVNO」発表、最大の注意点が明らかに

ドコモの発表が遅れるたびに期待が高まっていた「ドコモの小容量ブランド」

ペン対応「Kobo Sage」発表、Kobo スタイラスの機能と注意点

楽天グループのRakuten Koboは2021年10月6日、電子書籍

Google Pixel 6発表イベントの開催日時が決定、動画配信あり

Googleは日本時間2021年10月6日午前1時30分、公式Twit

→もっと見る

PAGE TOP ↑