エレコムが一部の無線LANルーター使用停止を呼びかけ、悪用の恐れ

公開日: : 周辺機器

エレコムは7月6日、無線LANルーターなどネットワーク製品の一部に脆弱性が判明したと発表した。

悪用される可能性が高いとしてアップデートサービスが終了している製品を掲載し、製品の使用停止を呼びかけている。

エレコム製品に脆弱性

今回プレスリリースに掲載された製品は2013月8月から2017月11月までに製造・販売された無線LANルーターなどで、概要情報に「OS コマンドインジェクション」や「認証不備により任意のコマンドが実行可能」といった脆弱性の内容も記載されている。

また、その脆弱性がもたらす脅威も説明していた。

対処方法として基本的に「製品の使用中止」としているが、一部の製品は軽減・回避策も掲載していた。

amazon-201512-27.sale

具体的な製品の型番や対処方法は下記リンクより確認できる。

リンク:エレコム・プレスリリース

よく一緒に閲覧される記事

モバイルSuicaの新機能とサービス停止時間が発表、おトクなきっぷ・定期券がアプリ対応に

JR東日本は1月27日、モバイルSuicaに対してカードタイプと同じ

数量限定18%OFF、Anker製コンセント付きモバイルバッテリー「Anker PowerHouse 100」が特価に

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいて、ANKERが

GaN採用の65W小型3ポートUSB充電器「UGREEN CD244」発売、記念クーポンあり

UGREEN(中国・深セン)は1月25日、GaN(窒化ガリウム)採用

→もっと見る

PAGE TOP ↑