低価格な11.6型Surface Laptop SEを計画か、Windows11SE搭載

公開日: : Microsoft Surface ,

Microsoftが教育分野へ向けた低価格のノートパソコンを計画していると海外メディアが伝えている。

OSにはWindows 11 SEを搭載し、メモリは8GBといった具体的な内容もあった。

低価格な11.6型Surfaceノート準備中か

Windows Centralは情報筋の話として、Microsoftがコードネーム「Tenjin」(天神?)と呼ぶ完全プラスチック筐体の11.6インチ(1366×768)ディスプレイを備えたノートパソコンを準備しているという。

その他の仕様は次のようになっていた。

  • プロセッサ:Intel Celeron N4120
  • メモリ:最大8GB
  • キーボード:フルサイズ+トラックパッド
  • 端子:USB-Ax1、USB-Cx1、イヤホンジャック、ACポート

この「Tenjin」は幼稚園から高校までの教育機関に焦点をあてた特別なSKU「Windows 11 SE」を搭載する。

さらにSurface Laptopシリーズの1つとして出荷される可能性があり、最終的な名称が「Surface Laptop SE」になるかもしれないと続ける。

SEの意味は「Student Edition」または「School Edition」という意味と考えられており、同デバイスはSurface Laptop Goよりも安くなるようだ。

その価格帯については、教育向けであり、ローエンドということから既に圧倒的なシェアを築き上げているChromebook対抗デバイスとして同等ではないかと伝えている。

この「Tenjin」はLenovo 100WやHP Streamシリーズのような教育向けノートパソコンで、教育機関がまとめて購入、管理、配布する形式になるとみられている。そのため、Officeを省いたSurface法人モデルと同じように新古品が安く出回ることも期待できそうだ。

Surface laptop go 202010020944

画像:最軽量なSurface Laptop Go発表、スペック・価格・発売日より

Source:Windows Central

よく一緒に閲覧される記事

日本MS「Surface Duo 2」の発売日、価格を発表

日本マイクロソフトは1月7日、2021年9月に発表したデュアルスクリ

Surfaceシリーズが値下げ+個別クーポンで特価に、Microsoftストア特集セール中

Amazonブラックフライデーにおいて、出店中の日本マイクロソフトがS

Microsoft、価格30,580円の「Surface Laptop SE」発表・スペック

数日前のリーク通り、新しいSurfaceが投入される。 Micros

→もっと見る

PAGE TOP ↑