iPad mini 6のゼリースクロール現象を体験した話。

公開日: : Apple , ,

愛用中のiPad mini 6には良くない噂が存在している。

それはブラウジング中に文字が、映像が歪んで表示されるという通称「ゼリースクロール現象」(Jelly Scroll)だ。

私はブラウザで高速スクロールする際にディスプレイを凝視することがないので気付かなかったが、高速スクロール中に目を凝らしている人たちからクレームが入っているという。

この記事ではAppleに電話したという人の話やApple製品の分解で馴染みある修理会社iFixitの見解、そして手持ちのiPad mini 6への対応を記録する。

iPad mini 6のゼリースクロール現象とは

複数の海外メディアを見て回ったところ、ディスプレイ描写が歪む現象は液晶パネルであれば少なからず発生しているようで、それが顕著に現れたのがiPad mini 6だったという。

実際に手持ちのiPad mini 6でブラウザの高速スクロールを試したところコンテンツが歪んで表示された。

それを知ってしまうと確かに気持ちいいものではないが、普通に画面スクロールするだけであれば歪むことはない。どちらかというとブラウザの高速スクロール中に凝視している方が酔うので不具合には該当しないと判断した。

つまり自分と関わりないところでトラブルが発生した状態、それを指摘するため感情を投げつけにいくという行動に私は辿り着けなかったが、それでも許せないというユーザーは存在しているようだ。

iFixitによるゼリースクロールの見解。

この現象についてiPad mini 6を分解して検証した修理会社iFixitは、iPad mini 6のTouch IDを天面(縦表示)にした際、左側にディスプレイ描写用のコントロールボードがあり、その描写を更新するタイミングが異なる際にゼリースクロールが発生しているようだと伝えた。

そのため、コントロールボードが天面に配置されているiPad Airはゼリースクロールが発生しないと続ける。(私はiPad Airを横向きにして高速スクロールすれば発生するのではないかと思っているが、どうなのだろう。)

別のメディアではiPad Proもまたminiと同じ構造だがリフレッシュレートが高いため人間が気付かないだけだとも伝えていた。それはAppleがゼリースクロール現象を「製品仕様」として認めない姿勢と一致する。

これは推測だが、AppleからすればiPad mini 6は安価なパネルにより低価格を実現しているのだからリフレッシュレートが遅くなり描写体験が高級パーツで揃えたProシリーズ同等なわけがない。といったところではないだろうか。

ゼリースクロール現象が話題になった当時はOSアップデートで不具合は解消されるという誤報も流れていたようだが、iFixitのレポートにもあるようにハードウェアの問題なのでソフトウェアによる解決は期待しないほうが良さそうだ。

パワーワード「ゼリースクロール返品」

このゼリースクロール現象を理由に返品したいとAppleカスタマーに電話・サポートを申し出た人もいる。

そのいくつかの報告を信じれば購入後14日以内であれば返品に応じてくれるという話もあったが、基本的な姿勢としてAppleはゼリースクロール現象を不具合として認めていないようだ。

先ほどiFixitのレポートにあったハードウェアが理由であれば、安価なiPad mini 6に高額なiPad Pro同等のパーツと同じ描写能力にしてほしいというユーザーに対して返品対応したのなら消費者としてAppleに感謝したほうが良いと思う。

自動車に詳しくはないので各方面から苦情が届きそうだが、軽自動車のハンドルやタイヤが高級車のように安定していないから同じメーカーの上位モデルと同じパーツに変えるか、返品してほしいというのに近いのではないだろうか。

そうなるとメーカー側は「それは仕様による違いです。」としか返せない。

いや、それならiPad Airはどうなる?という話だが「iPad miniは小さいiPadの完成品」なのであって、筐体に余裕があればiPad Airの筐体を流用して似たパーツを使って同じような配置で販売、もしくはリリースさえしていないだろう。

恐らくゼリースクロール現象はiPadで最小モデルかつ低価格に挑んだ限界を感じられる仕様であって、Nexusシリーズなどで不具合に騒いで楽しんだガジェット黒歴史に似ている。そして、それは今後フォルタブル・スマートフォンやロール式タブレットでも発生するだろう。

もちろんガジェット好きではない人からすれば迷惑な話かもしれないが、私から言えることがあるとすれば「よく調べて、それでも不安なら少し前の安定した評価の製品を買いましょう」ということくらいだ。

iPad mini 6に限らず、楽しむ余裕がない時は最新ガジェットに手を出さないほうが良いと思う。

Source:iFixit(YouTube)

よく一緒に閲覧される記事

未発表のiPhoneとiPad、ECCで見つかる

Appleが数ヶ月以内に発表すると期待されている次期iPhoneシリ

次期4.7インチは「iPhone SE + 5G」と呼ばれ、iPhone SE3は5.7インチか

Appleの事情に詳しいアナリストによれば今後数ヶ月で発売される次期

Mac mini用に、電源コード拡張タップ「BSACT01BK」購入レビュー

先日Mac miniの伝気コードを拡張させるために注文したモバイルP

→もっと見る

PAGE TOP ↑