原道 N70双撃 購入レビュー(ハード比較・ランキング編)

公開日: : 最終更新日:2013/03/01 原道 N70双撃

原道 N70双撃を実際に使用していてサイズや重さ、Wi-fi感度、OTGケーブルといった

ハードウェア関係の購入レビューをしてみたいと思います。

私の端末固有の不具合かもしれませんが、原道 N70双撃にWi-Fi感度に問題もありました。

今回は手持ちのタブレットと比較しながらの購入レビューです。

原道 N70双撃とのサイズ比較

7インチの初代キング、Novo 7 Auroraと

2代目キング、原道 N70双撃で比べると

原道 N70双撃は、デュアルコアというハイスペックにもかかわらず

厚みが1ミリほど多い程度で高さに関しては、むしろ7ミリも小さくなっています。

しかも厚みに関してもエッジに丸みを帯びさせ見た目の薄さを意識した作りになっています。

原道のこだわりが伺えます。

P8052411_R

☆念のため手持ちの機種を勢揃いしてみました。

  • 原道 N70双撃190(W)×116(H)×10.9(D)mm【7インチ】
  • Novo 7 Aurora:189(W) x 123(H) x 9(D)mm【7インチ】
  • L-06C:243(W) x 150(H) x 14.1(D) mm【8.9インチ】
  • 原道 N50:82(W) x 132(H) x 12(D) mm【5インチ】

下の画像は、下にNovo 7 Auroraがあり、上に原道 N70双撃が乗っている状態です。

高さが7ミリほど小さいというスペック上の数字よりは差を感じませんでした。

P8052409_R

原道 N70双撃との重さ比較

圧巻は、原道 N70双撃の314グラムですね

デュアルコアにもかかわらず軽量化に成功しているのは拍手ものです。

スペック上ですが、Novo 7 Auroraとわずか4グラムしか差がないのには驚きです。

L-06Cは8.9インチ、3G回線対応、GPS、Bluetoothと他の機種にはない性能を持っているので

仕方がないと思いますが、5インチの原道 N50は200グラム以下であればと思いました。

原道 N70双撃とのWi-Fi感度比較

Wi-Fiの実用感度の測り方はわかりませんが

Wimaxルータから離れていき受信できなくなる

もしくはゲージが下がっていくのが早いといった内容で比べてみました。

Wi-Fi感度ランキング

1位:Novo 7 Aurora

2位:Optimus Pad L-06C

3位:原道 N70双撃

4位:原道 N50

Novo 7 Aurora2ではWi-Fiが地雷だったのですが

初代Novo 7 AuroraではWi-Fiが好感度でした。

原道兄弟は揃ってWi-Fiが弱めでした。

ホーム画面のWi-Fi通知が消えていることも多々あります。

Wi-Fiが弱いのが何とかなればいいのですが。。。

原道 N70双撃のOTGケーブル

Novo 7 AuroraにはOTGケーブルがついて来ませんでした。

それを考えると他の3機種は、OTGケーブルがついてくるので価値がわかれます。

原道 N70双撃限定でOTGケーブルについてテストしてみました。

  1. USBメモリ【接続OK】
  2. USBキーボード【接続OK】
  3. USBマウス【接続OK】
  4. USBハブ経由の同時接続(キーボード&マウス)【接続NG】

出力の問題でしょうか、USBハブ経由では動作しないようです。

原道 N70双撃の比較を終えて

原道 N70双撃がデュアルコアにして軽量、そして小さいサイズを実現していることで

改めて中華パッドが進化していることを感じました。

初代チャンピオンであるNovo 7 Auroraが長らく1位であった理由もわかりました。

Wi-Fi感度はSIMスロットを搭載しない現在の7インチ、タブレットでは重要項目です。

ブラウジング等の重い処理は原道 N70双撃L-06Cの出番だと思いますが

Wi-Fi感度が高いNovo 7 Auroraは未だに利用価値が高い製品だと思いました。

現在の実売価格から比較する

アマゾンで2012年8月5日付けの価格です。

送料は地域によってかわるため記載していません。

Wi-Fi付近で使用する場合は原道 N70双撃がベストだと思います。

私のようにルーターと距離がある場合は、アクセスポイントを増やすといった対応が必要かもしれません。

ブラウザがサクサクな原道 N70双撃は相当活用できるタブレットだと思いました。

よく一緒に閲覧される記事

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑