RAM8GB/5G/ゲーミングスマホ「Black Shark 4」が特価53,820円に、スペック

技適ありでRAM8GB、5G通信をサポートしたゲーミングスマートフォン「Black Shark 4」がAmazonタイムセール祭りの特選タイムセールとなり53,820円まで値下げされている。

iPhoneの上位モデルが軽く10万円を超える中でSnapdragon 870を搭載した「Black Shark 4」が魅力的な選択肢となっている。

「Black Shark 4」のスペック。

対話できるスマートアシスタント「Sharkchan」を搭載するなど斜め上の進化を続けているゲーミングスマートフォン「Black Shark 4」の主要スペックを見て見よう。

主なスペック、仕様。

画面サイズは6.67インチ(AMOLED、有機EL)2400×1080解像度で全面カメラはパンチホール(直径2.76ミリ)でアスペクト比は20:9、リフレッシュレートは144Hz、タッチタンプリングレート720Hzとなっている。

プロセッサはQualcommのフラッグシップラインである「Snapdragon 870」(3.2GHz)を搭載、RAM8GBはLPDDR5(デュアルチャネル、2750 MHz) 、ストレージは高速なUFS 3.1の128GBを搭載している。外部メモリには対応していない点は注意。

冷却システムとしてサンドイッチ冷却システムを採用している。

本体サイズは横76.3mm × 縦163.8mm × 厚み10.3mm、重量:210g。

インターフェイスは3.5mmイヤホンジャックとデュアルステレオスピーカー、物理ボタンとして磁気ポップアップトリガー、SIMスロットはデュアルNano SIM、USB-C。

カメラは背面に標準4800万画素+超広角800万画素+マクロ500万画素+PDAF、前面に2000万画素を搭載、動画撮影では最大4K/60fpsまで対応、スローモーションにも対応する。

バッテリーは4500mAh(2250mAh x 2)で取り外し不可、Qualcomm Quick Charge 4.0+最大120W対応。

価格

「Black Shark 4」の参考価格は59800円となっており、特選タイムセールとして5980円OFFの53820円まで値下げされた。

販売元が「Glimpse アマゾン店」となっているが、件数が少ないもののサクラの気配は感じなかった。

Appleのアプリストアでしか提供されていないゲームを遊ぶ際は選択できないが、Googleのアプリストアでも配布されているのであればiPhoneの半額程度でゲーミングスマートフォンを入手できることになる。

もちろん処理性能などは異なるし、iPhoneの凄いところはアプリ開発側が検証する端末数を少なくできて完成度を高めやすいところもあるため単純に安いから良いとは言えない。しかし、Android端末はWindows端末と同じく様々なことが行えるため、ゲーミングスマートフォン級であれば楽しめる範囲は広いだろう。

値下げ期間はAmazonタイムセール祭り終了となっており、残り2日と表示されていた。

→最新の価格や在庫状況、レビュー92件や紹介動画はAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

Black Sharkが経営難か、退職金を求める声

中国メーカー「Black Shark」のCEOが保持している公式We

Xperia Ace IIIが特価3980円など、 ワイモバイル年末年始セール(目玉3機種の価格ほか)

ソフトバンクは2022年12月16日、モバイル通信サービス「Y!mo

RAM8GB/90Hz/6.5型「Blackview A85」が発売記念50%OFFに、スペック・価格

Blackviewよりミドルレンジながらリフレッシュレート90Hzに

→もっと見る

PAGE TOP ↑