(発売20%OFF)家電批評ベストバイ選出・Apple Helth対応の体組成計「Anker Eufy Smart Scale P2 Pro」にブラック登場

公開日: : 周辺機器 ,

Anker Japanは2022年11月18日、家電批評11月号体組成計部門ベストバイに選ばれたWiFi/Bluetooth対応でApple Helthなど健康管理サービスと連携可能な16項目を測定できる体組成計「Anker Eufy Smart Scale P2 Pro」で新色ブラックを発売したと発表した。

初回2500個限定で20%OFFとなっており、記事投稿時点(2022/11/20)でも値下げ価格となっていた。

また、エントリーモデル「Anker Eufy Smart Scale C1」もブラックを同日発売、初回1000個限定で20%OFFとなっていた。

 

上図は左から上位モデルの「Anker Eufy Smart Scale P2 Pro」、エントリーモデルの「Anker Eufy Smart Scale C1」で上位モデルのほうが6項目も多く計測できるのにスタイリッシュな外観となっていた。

体組成計「Anker Eufy Smart Scale P2 Pro」発売セール

体重やBMI、体脂肪率といった基本情報のみでなく心拍数、筋肉量、骨量、体年齢、皮下脂肪率などのカラダに関する16の項目を測定できる「Anker Eufy Smart Scale P2 Pro」は、これまでホワイトの1色展開だったが、新たにブラックが追加された。

同時リリースされた12項目を測定できるエントリーモデル「Anker Eufy Smart Scale C1」(レビュー数:134件)よりも2000円ほど高いものの、レビュー数では上位モデルである同製品が多く218件となっていた。

また、同社のTwitter公式アカウントで報告されているように「家電批評11月号体組成計部門ベストバイに選ばれた」ということもあり、購入者が多い体組成計としてトラブル時の対処法もネットでみつかりやすいことが期待できる。

測定できる16の項目は下図右のとおり。

上図左にあるようにWi-Fi / Bluetooth接続に対応しているため、初期設定を済ませておけばスマートフォンでアプリを起動することなくデータを送信できるという。
この際、スマートフォンの電源が切れていたら次回アプリ起動時に登録ユーザーへ測定値が反映するとのこと。

また、専用アプリ内のデータは、AppleのヘルスケアやGoogle Fit、Fitbitと同期することができるため、体型管理に役立つデータをまとめて管理可能。

体重計としての精度は赤ちゃんやペットなどに対応できるという最小50g単位(計測範囲0.1〜5kgまで)で測定可能。

防塵性能はIPX5に対応、完全防水ではないのものの水はねなどは気にせず利用できそうだ。単4形アルカリ乾電池x4個で動作する。

他にも登録人数の制限がないという家族全員で利用できる管理機能、専用アプリでの週間グラフや体型の変化を視覚的に表示できる3Dモデル機能などがあった。

本体サイズは約28✕28✕2.6cm、約1.2kg。

体重は0.1〜150kgまでの範囲で計量可能、計測単位は次のようになっていた。

  • 0.1〜5kgまで:50g単位
  • 5〜75kgまで:100g単位
  • 75〜150kgまで:200g単位

価格・セール

「Anker Eufy Smart Scale P2 Pro」の新色ブラックは初回2500個限定で20%OFFとなる特価5,592円にて販売中。ホワイトは定価の6,990円。

また、エントリーモデル「Anker Eufy Smart Scale C1」(Amazonへ)もブラックを同日発売、初回1000個限定で20%OFFとなる特価3,192円(ホワイトは定価3,990円)に。

→最新のレビューや価格はAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑