RAM8GB/90Hz/6.5型「Blackview A85」が発売記念50%OFFに、スペック・価格

公開日: : スマートフォン , ,

Blackviewよりミドルレンジながらリフレッシュレート90HzにRAM8GB+128GBを搭載する最新スマートフォン「Blackview A85」が発表された。

発売日は11月24日、発売記念セールとして50%OFFにて予約販売が実施されている。

「Blackview A85」のスペック・価格。

同社の公式発表によるとAntutuベンチマークでは22,488ポイントを叩き出しており、タップするだけでRAM8GBを最大14GBまで拡張するという「RAM拡張テクノロジー」を強みとしている。

そのSoCは「UNISOC T606」で最大1.6GHzオクタコア(A75x2 + A55x6)、ストレージはUFS2.1 128GB+microSDカードスロット最大1TB対応という構成になっていた。

ゲーミングスマートフォンで見かけるUFS3.1ではないものの格安のeMMCではなくUFS2.1という時点で高く評価してしまう。ボトルネックとなりがちなストレージ速度を底上げしたことでAntutuスコアを向上させたと思われる。

画面サイズ6.5インチ(解像度:1612×720)にリフレッシュレート90Hzに対応するディスプレイは画面占有率89%、アスペクト比20:9となっていた。

カメラ性能を見るとSamsung ISOCELL 4H7のフロント8MP、リアにはSamsung ISOCELL JN1の50MPをはじめ、120度超広角&ウルトラマクロカメラ8MPを搭載している。

メインカメラの50MPは低照度でもセンサーをフル活用して12.5MPの明るい写真を撮影できるという。

撮影モードとしては暗所撮影用のナイトプロ、様々なパラメータをユーザーが設定できるプロ、HDR、ポートレート、ビューティー、1080p動画撮影などが用意されていた。

バッテリー容量は4,480mAh、動画視聴で最大6.5H/音楽再生20H/スタンバイ720H、18W急速充電器に対応する。

モバイル通信はmicroSDカードスロットとは別に2枚のNano SIMカードを挿入可能、デュアル4Gを謳う。

セキュリティでは顔認証に加えて、側面の電源ボタンに内蔵した指紋センサーを使ったロック解除をサポート。決済ではGoogle Pay向けにNFCを搭載、FeliCaの記述はなかった。

ハード面では電源ボタンの反対側にショートカットボタンを搭載、音声録音の開始やLEDライトの点灯、スクリーンショット、SOS実行、ゲームモードへの移行といったことを割り当てできる。

価格・発売日

「Blackview A85」の発売日は11月24日、AliExpressでは予約販売が開始されており記事投稿時点では日本円表示で発売記念セール特価20,520円(定価41,041円)となっていた。

→最新の価格や製品画像はAliExpress販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

RAM8GB/90Hz/6.5型「Blackview A85」が発売記念50%OFFに、スペック・価格

Blackviewよりミドルレンジながらリフレッシュレート90Hzに

(20%還元)おサイフケータイ対応6.8型「moto g52j」が楽天スーパーDEAL対象に

モトローラが2022年6月に発売したばかりの同社初となるFe

SDN888/120Hzの6.67型「Xiaomi 11T Pro」が20%還元に、スペック

シャオミ公式ストアが販売するQualcomm Snapdra

→もっと見る

PAGE TOP ↑