Pixel Fold(Felix)がGeekbenchに登場、スコアと一部スペック

公開日: : Google Nexus ,

これまでGoogle初となる折りたたみディスプレイ端末として伝えられていたコードネーム「Felix」がベンチマークサービスGeekbenchのデータベースに登録された。

同端末は「Pixel Fold」という名称でも呼ばれており、今回のリークでシステム情報から一部スペックとスコアを確認することができる。

Pixel Fold(Felix)がGeekbenchに掲載

はじめにスコアを確認するとシングルコア=1047、マルチコア=3257となっていた。

この「Felix」という名称でデータベースに登録された端末はGoogleの最新フラッグシップ「Pixel 7」シリーズに搭載されているSoC”Tensor G2”を搭載、これは最大2.85GHzx2コア+2.35GHzx2コア+1.80GHzx4コアという構成からもわかる。

RAMは12GBを積んでおり、OSはAndroid 13をプリインストールしているようだ。

Pixel 7シリーズと同じTensor G2ということでスコア差は少なく、かつGeekbenchが端末を偽造できる可能性があることから頭から信じるわけにもいかない。

これまでのリークによればPixel Fold(Felix)は2,208×1,840の解像度でリフレッシュレート120Hzを備えた縦型の折りたたみ折りたたみディスプレイ端末であり、ディスプレイ面にはパンチホールカメラ、背面パネルには3つのセンサーとLEDフラッシュを内蔵するバーが備え、右側の側面には指紋スキャナーを内蔵した電源ボタンを配置するという情報がある。

そして、Pixel Fold(Felix)は2023年5月リリース予定という噂もある。

その発売時期が事実であれば5月発売へ向けてリークが増えそうだ。

Source:mysmartprice

よく一緒に閲覧される記事

Pixel Tabletは指紋センサー搭載で充電ドックが2種類など、最新リーク

Googleが発売することを明らかにしている最新タブレット「Pixe

Google、Pixel 6a / Pixel 7 / Pixel 7 Proの修理マニュアル配布開始(ダウンロードURL)

Googleがフランスの規則に従って最新スマートフォン「Pixel

米国版「Pixel 7」の449ドルは買いか、日本版との違い

Pixel端末でLinuxやWindowsを起動できるpKVM、それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑