イオシス中古Aランク「iPhone 12 mini」は大丈夫か、開封レビュー

公開日: : 最終更新日:2023/01/06 Apple , , ,

iPhone 12 miniは人気がないという情報から誰も買わないだろうと注文前に検討記事を書いたのも良くなかったが、滑り込みでイオシスに注文することとなった。

ショップレビューを見ると在庫確保できなかったとしてキャンセルの連絡が届くこともあるという。

注文から2日経過して何もメールが届かず、楽天大感謝祭の約1万円還元が必須なのにキャンペーン終了が迫っていたためイオシスに注文状況の確認をした。

その回答は商品が届いた今になっても返ってきていない。

しかし、2022年12月29日にiPhone 12 miniは届いた。

この記事ではイオシスの「中古Aランク」スマートフォンを購入して大丈夫なのか、その状態をチェックしていきたい。

更新)2023/01/05にバッテリー残量について追記しました。

イオシス中古Aランク「iPhone」の状態

ヤマトの方から受け取った小包の中にはプチプチで包まれたiPhoneの化粧箱とイオシスの「納品書兼保証書」が入っていた。

イオシスの販売ページに記載されていたとおり「当社3ヶ月保証」となっているので、3ヶ月以内に電源が入らなくなったといった場合であれば必要になりそうだ。

iPhoneの化粧箱に小さく畳んで入れておくことにした。

iPhoneのパッケージを確認する。

iPhone化粧箱は綺麗な状態だった。

底面に1mm程度の汚れはあったが、それくらいはAppleやヨドバシから新品を購入した時でも確認できたので汚れについては「ほぼ新品の化粧箱」と言って良いほどの状態だ。

上図の手前にある角が少し潰れていた。

小包で配送された時のダメージなのか、もともとなのかは不明だが許容範囲だと思う。

iPhone 12 miniの状態をチェック。

続いて化粧箱を開いて、iPhone 12 miniを確認していく。

上図のとおり、イオシスのシールが貼られている。

このシールは剥がしやすいタイプでペリッと剥がせた。

同梱品も新品状態を思わせる綺麗さ。

Lightningケーブルを締めている紙のホルダーも開封した形跡がないのでドコモでMNPして即売却したiPhone 12 miniかもしれない。

念のため、同梱品を全て取り出してチェック。

AppleシールやSIMピンを確認、Apple用紙が少し折れているが過去に購入したiPhoneも同じような状態だったので問題ない。

iPhoneの筐体は大丈夫か

ここからは中古品を購入した時に重要な筐体チェック。

とくにイオシスで購入したページ(楽天へ)では筐体の写真は1枚も掲載されていなかったので最も恐れていた項目だ。

じゃんぱらなどは実物の写真を数枚掲載したり、ネット通販に力を入れている中古ショップでは3D写真まで公開している。

ただイオシスの筐体写真を載せないスタイルのおかげで割安で入手できたのも事実だ。

それが吉と出るのか。

上図はLightningポート、擦り傷さえない状態となっている。

購入してから売却までに充電したのか疑いたくなる使用感のなさ。

次に音量ボタン、こちらも使用感さえない。

反対側の電源ボタンも同じ状態、擦り傷も見つからなかった。

筐体の中で唯一突出して傷つきやすいカメラをチェック。

こちらも傷1つない状態だった。

背面パネルの角度を変えながら光を当てていくも傷は見当たらない。

もちろん最重要なディスプレイ面も綺麗な状態だ。

つまり「限りなく未使用品」だった。

イオシスは「あり」か

イオシスの中古評価には「未使用品」というランクも存在するが、この状態が「中古Aランク」というのは驚きだった。

そもそもイオシスで購入したのは先人たちの「中古Aランクが綺麗すぎる」という評価を見かけたからだと思い出す。

もしかすると化粧箱の角1つが潰れていたから「未使用品」ではなかったのかもしれない。

楽天ポイントアップキャンペーンの1万円還元で約5.2万円にて「ほぼ未使用のiPhone 12 mini」が手に入った。

こうなると中古ショップの職人会社と認識して、例え返事なしでサポートが荒くとも「目利き」を信じて再び購入したくなる。

もちろん手に届いた個体の状態が偶然よかっただけかもしれない。

それでも中古品に対する評価システムは確立しているはずなので「イオシスの中古Aランクは狙い目」だと思った。

次回よりiPhone 12 miniのアクセサリーやOLED活用アプリのレビューをしていきたい。

追記:2023/01/05
iPhoneのバッテリー残量は84%となっていた。
Appeのスマートフォンは500回の充電、3年を目安とされており80%以下になった時はバッテリー交換時期とされている。
イオシスはバッテリー残量を掲載していないので、この点は注意した方がよさそうだ。
なお、Appleは2023年3月よりバッテリー交換費用の値上げを発表している。

今回レビューした端末の詳細は楽天イオシスの販売ページ

続き→iPhone快適化、置き時計アプリ「OLEDX」と明るさ自動設定

前回の話
イオシスは発送が遅いのか、iPhone注文から到着まで体験レポート

前回のiPhone12mini
最も小さく軽い「iPhone 12 mini」(中古Aランク)を注文、13miniを選ばない理由

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchも値下げ、ビックカメラ.com限定セール開催中

ビックカメラ直営のオンラインストア「ビックカメラ.com」にて限定オ

MFi認証のパススルー充電できる小型モバイルバッテリーが特価2010円に、Amazonタイムセール

AppleのMFi認証済みでケーブルレス、ポケットに入る小さくて92

RORRY 3in1ワイヤレス充電器が特価2871円に(数量限定)

2023年1月9日に4589円で購入した「RORRY 3in1ワイヤ

→もっと見る

PAGE TOP ↑