Appleのバッテリー交換が3/1より一斉値上げへ、対象機種

公開日: : 最終更新日:2023/01/08 Apple

Appleが公式ストアで受付している保証対象外バッテリーサービス料金を2023年3月1日より日本でも値上げすることがわかった。

iPhone 14シリーズ以前の端末が対象となっていたり、iPadシリーズでも発売時期によって対象機種が異なっている。

この記事では下記シリーズで値上げされるバッテリー交換費用と対象機種をチェックした。

  • iPhoneシリーズ
  • Macシリーズ
  • iPadシリーズ
  • Apple Watchシリーズ

更新:2023/01/08
記事内容を一部訂正いたしました。
ご指摘いただき誠にありがとうございます。

Appleがバッテリー交換を値上げへ

9TO5Macが現地時間2023年1月2日に、Appleのバッテリー交換費用が値上げすると報じて話題になったが、日本の公式ページでも値上げする文言が追加された。

iPhoneバッテリー交換の値上げ

はじめに「iPhoneのバッテリーサービス」ページを開くと次のような文章を確認できる。

現行の保証対象外バッテリーサービス料金が適用されるのは 2023 年 2 月末までです。2023 年 3 月 1 日以降は、iPhone 14 より前の全 iPhone モデルの保証対象外バッテリーサービス料金が 3,000 円値上げされます。

先日イオシスで購入した中古Aランク品「iPhone 12 mini」のバッテリー状況は「84%」と少ないため交換を検討していた。
記事→イオシス中古Aランク「iPhone 12 mini」は大丈夫か、開封レビュー

「iPhone 12 mini」は2023年2月末までなら9,800円、2023年3月1日からは3,000円追加の12,800円でバッテリー交換が可能。

次に手持ちのiPhone SE 2であれば記事投稿時点で7,500円、3月1日以降は10,500円となる。

iPhone 14シリーズは値上げ対象外となっているが、元々が14,900円と高額かつ発売間もないため当然とも言える。

リンク:iPhoneのバッテリー交換ページ

Mac製品のバッテリー交換費用

次にバッテリー容量が大きいMac製品をチェック。

手持ちのMacBook Air (M1, 2020)のバッテリー交換を見積もりすると15,800円となった。

それに対して次のようなメッセージが表示されている。

現行の保証対象外バッテリーサービス料金が適用されるのは 2023 年 2 月末までです。2023 年 3 月 1 日以降は、MacBook Air (全モデル) については 8,200 円、MacBook と MacBook Pro (全モデル) については 13,700 円、保証対象外バッテリーサービス料金が値上げされます。

「MacBook Air (全モデル)」は8,200円の追加、「MacBook」と「MacBook Pro (全モデル)」は13,700円の追加となっている。

MacBook Air (M1, 2020)のバッテリー交換を2023年3月1日以降に行うと15,800円+8,200円=24,000円が必要になる計算だ。

幸い「整備済み製品」購入なので、バッテリーは新品に交換されている。

今後はオークションで割安なMacBookを見かけてもバッテリー交換費用を考慮して整備済み製品と比較してから購入したほうがよさそうだ。

なお、4つめの選択肢「Mac アクセサリ」については値上げが言及されていないためMagic Keyboardは現状価格4,800円から変わらないと思われる。

リンク:Macのバッテリー交換ページ

iPadのバッテリー交換費用

続いて「iPad」をチェック。

手持ちのiPad mini 6を見積もると15,000円と表示、MacBook Air (M1, 2020)の15,800円と変わらない金額だ。

そして値上げについては次のように記載されていた。

現行の保証対象外バッテリーサービス料金が適用されるのは 2023 年 2 月末までです。2023 年 3 月 1 日以降は、次の iPad モデルの保証対象外バッテリーサービス料金が 3,800 円値上げされます:iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代以前)、iPad Pro 11 インチ (第 3 世代以前)、iPad Pro 10.5 インチ、iPad Pro 9.7 インチ、iPad mini (第 6 世代以前)、iPad Air (第 5 世代以前)。

iPadは一律3,800円の値上げとなっていた。

対象機種は以下のとおり。

  • iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代以前)
  • iPad Pro 11 インチ (第 3 世代以前)
  • iPad Pro 10.5 インチ
  • iPad Pro 9.7 インチ
  • iPad mini (第 6 世代以前)
  • iPad Air (第 5 世代以前)

最新機種ということもあるかもしれないが、もともとも15,000円と高額なので3,800円を追加したら18,800円となり、交換するよりも高いリセールバリューを活かして売却、整備済み製品で最新機種を購入した方がよさそうだ。

リンク:iPadのバッテリー交換ページ

Apple Watchのバッテリー交換費用

最後にバッテリーの小さなApple Watchに必要な料金をチェック。

手持ちのApple Watch 6 (40mm)を見積もると12,200円という結果に。

幸い「値上げの文言はない」ので値上げ対象外の機種となっていた。

Apple Watchは3月1日以降も変わらない金額でバッテリーを交換できる。

リンク:Apple Watchのバッテリー交換ページ

よく一緒に閲覧される記事

来年のiPhoneは「Ultra」が最上位モデルか

BloomberのライターMark Gurman氏によるとApple

ついに「iPhone 15 Pro」でUSB-C搭載か、台湾の関連株が上昇

ついに今年、iPhoneがUSB-Cを採用するかもしれない。

iPadシリーズが最大14%OFF、Amazonタイムセール祭りでApple特集セール実施中

アマゾンジャパンが開催中のAmazonタイムセール祭りにおいてAma

→もっと見る

PAGE TOP ↑