CIOでバッテリーを経由しないパススルー対応モバイルバッテリーを探した話。

公開日: : 最終更新日:2023/01/15 周辺機器 , ,

楽天市場に出店中のCIOが最大80%OFF特集セールに参加しているので、 以前より検討していたパススルー充電対応モバイルバッテリーを見直した。

最新モデルは急速パススルー充電に対応するといった記載もあったが、YouTubeの公式アカウントにある製品紹介動画ではパススルーがバッテリー経由なのかは説明されていない。

コメント欄で2人ほど言及していたが、そのコメントはスルーされていた。

もし、バッテリー経由であれば電池の劣化は早くなるため常時接続はできない。

そこで同社のパススルー充電対応モバイルバッテリーの取扱説明書を読み、その違いについて記録していく。

CIOで劣化しにくいパススルー対応モバイルバッテリー

CIOのYouTubeアカウントではモバイルバッテリーに関する動画をいくつか公開している。

実例を用いてわかりやすく解説しており、LightningケーブルでiPhone充電中に一度でも充電を解除して、再び充電するとAppleのケーブルが持つ特性から再充電できなくなるといったことが1つの動画としてアップされていた。

とても問い合わせというかクレームが多い事例なのだろう。

そしてパススルー充電も同社が特色として打ち出しているため、いくつかの動画で紹介されていた。

しかし、バッテリー経由なのかは楽天とYouTubeのコメント欄で会社および公式ショップからの回答はない。

もっとも知りたかった箇所なので取扱説明書を読んだ。

CIOで販売中のモバイルバッテリーは7製品

CIOでは2023年1月13日時点で次のモバイルバッテリーが発売されていた。

上記製品の多くはパススルー充電に対応している。

しかし、実際にバッテリーを経由せずに電池充電回数が減りにくいモバイルバッテリーは1つだけだと思われる。

それは「SMARTCOBY Pro PLUG」という製品。

7製品の中で唯一ACプラグを搭載している。

その取扱説明書にはバッテリーがフル充電となった場合は「直流モード」(下図)へ切り替わるという文言があった。

その他のモデルは曖昧な表現で「直流モード」というワードがなく「フル充電になると急速充電が〜」といった説明に移行してしまう。

この「SMARTCOBY Pro PLUG」はACプラグ付きだから「直流モード」に対応していると思われる。

そして、この直流モードは素晴らしい。

UPS(無停電電源装置)に近い機能か

キャンプなどで使われる安価なポータブル電源のパススルー充電について調べてみると「バッテリー経由」のことが多いようだ。

次にWebサーバーなどを常時運用する際に使われる高額なUPSは「SMARTCOBY Pro PLUG」と同じ「バッテリーを経由しないタイプ」。

そう考えると「SMARTCOBY Pro PLUG」のパススルー充電が高性能とも言えそうだ。

「SMARTCOBY Pro PLUG」の充電能力

「SMARTCOBY Pro PLUG」のUSB-Cポートは30W出力、USB-Aは12W、合計42Wの出力が可能。

この出力はAC経由でもモバイルバッテリーでも変わらないとしており、それは自宅での常用から停電や小旅行まで同じ使い勝手を維持できることを意味している。

「SMARTCOBY Pro PLUG」と相性が良いのは手持ちのM1 MacBook Airだと思う。

Appleが同梱する標準ACアダプタは30W。

Appleの公式説明によればM1 MacBook Airは最大45W充電に対応しているものの、リチウムイオンバッテリー自体が緩やかな充電(発熱の少ない充電)であるほうが寿命を延ばせるほか、素早く100%に達してしまうと20〜80%ルールの時間が短くなる。

そうなると「SMARTCOBY Pro PLUG」のUSB-C出力による30W充電はMacBook Airにとって優しい充電器と言える。

それでも懸念点はある。

マルチポートUSB充電器はUSB-Cで充電中にUSB-Aの抜き差しをすると電流が停止するというモデルも多い。

「SMARTCOBY Pro PLUG」も同じ仕様なのかは楽天とAmazonとYouTubeのレビューを見る限りわからなかった。

また、レビューでは1ヶ月もせずにバッテリーの充電ができなくなったという報告もある。

CIOは同様の報告を定期的に見かけてしまって、最終的にAnkerや格安の同等性能を持つ製品に流れてしまうことが私は多い。

話がそれてしまったが、当たり前にイメージしている「パススルー充電」を実現しているのは「SMARTCOBY Pro PLUG」だけで、バッテリートラブルがなければM1 MacBook Airの第2電池として使えそうだ。

ちなみにAmazon.co.jp販売の価格は7,128円(レビュー546件の詳細はAmazonへ)、楽天はキャンペーン中なので5,980円+最大44倍ポイント還元となっている。(直販サイトの定価は7,128円)

楽天のほうは100件しかレビュー(詳細は楽天販売ページへ)はないものの、アマゾンあるあるの配送や箱が壊れたという報告が少ないので読みやすい。

CIOとしては「ACプラグ非搭載+パススルー充電=直流モード非対応」と把握しているから説明不要という判断なのかもしれない。

しかし、私のように明るくない消費者もいるので「SMARTCOBY Pro PLUG」にだけでも「電池が劣化しないタイプのパススルー充電を採用」といった売り文句を追加してほしい。

いずれにしても超小型UPSと言えるACプラグ付きモバイルバッテリーが5,980円+ポイント還元というのは買いかもしれない。

→最新の価格と在庫状況は楽天販売ページ

続き→本格パススルー充電できるCIO「SMARTCOBY Pro PLUG」注文、購入理由
前回→CIO製品などが最大80%OFFに、楽天「特選セール・限定クーポン」開催中(Amazon版と価格比較);bl

よく一緒に閲覧される記事

PS/Switchタイトルが最大79%OFF、バンダイナムコ「デジタル版セール」の価格一覧

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは2023年2月1日、株式

(20%OFF)Ender 3 S1 PROが特価51,100円に、ポイント還元対象

アマゾンジャパンが本日2023年2月2日より開催しているタイムセール

エコバックスが最大34%OFF、ロボット掃除機「DEEBOT」シリーズが特価に(クーポンコードあり)

先日の追加レビューで改めてエコバックスの回転モップによる水拭きが素晴

→もっと見る

PAGE TOP ↑