スマホ首を解消、MacBookの縦2画面が快適だった話

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

この記事ではMacBook Air (M1)の縦2画面というデュアルディスプレイ化を行い、良かった点と注意すべき点を記録していく。

立った立った!モニターが立ったよ!!

ノートパソコン・ラップトップは便利だが、キーボード面とディスプレイ面が繋がっていて猫背やスマホ首になりやすいのが最大の弱点だと思う。

MOFT製品もいくつか試したがモニターの位置が高くなる代わりにキーボード面の傾斜で手首が疲れる。

その対策としてMagic Keyboardも購入したが、結局MacBookのTrackPad付きキーボードが便利で戻ってしまった。

Microsoft Surfaceにも期待したがディスプレイ側にPC本体を搭載した時点でVESAマウントは重く巨大となり、電力も消費、画面サイズを変えるならミニPCのほうが良いという結論にいたり購入できずにいる。

そうしてMacBook+モバイルモニターという構成に落ち着いた。

しかし、普段のスタンディングデスクから座り仕事へ変える際、外部モニターを持ち運ぶのは手間がかかる。

その対策としてタブレット用スタンドの組み合わせ(レビュー記事へ)や大きなPCスタンドなどを購入して試してきたが、ようやく今回レビューするTen One Designの「Mountie+」にたどり着いた。

この「Mountie+」はMacBookの「よこ」へiPad/iPhoneを接続することを目的とした製品だと思われる。

今回、それをモニター上に取り付けた。

Ten One Design「Mountie+」の開封

今回も「お買い物マラソン」でアマゾンより1000円ほど安く購入できる楽天を選択した。

FOCAL POINT DIRECTストアはフォーカルポイント株式会社の直営店なのでアマゾンを介さないサポートが受けられると判断したのもある。

ヤマト宅急便で届いた。

2023年1月15日の明け方に注文して1月16日午後7時に発送され、17日午前9時に到着した。

横浜から東京都内は近いということもあるが、ほぼ最速で配達されたと言えそうだ。

袋の中身は納品書と上図の緩衝材で包まれたパッケージ。

パッケージは綺麗。

箱の雰囲気から返品された商品を再発送したような気配はなく、ここが直営店の発送が多い楽天の強みだと思う。

封印シールを破って開封、この時点で完全な新品であることはわかった。

同梱品をチェック。

過去に固定部が片方だけのタイプを購入・レビューしたことがあるので、中身は見慣れていた。

ここからはiPadではなくモバイルモニターをMacBookへ接続していく。

MacBookの縦2画面は実現するか

13.3インチのモバイルモニター(購入レビュー記事へ)に装着した。

さすがに初期装着されているゴムは厚すぎたので、最も薄いゴムに差し替えたところピッタリ装着することができた。

続いてMacBook Air (M1)に装着。

パチっという感じであっけなく結合できた。

過去にMacBook用の保護ケースを購入した際、事前調査でディスプレイ側に少しでも衝撃を与えたら画面が割れたという報告があったことから恐る恐る行った。

ここで注意したいのは使用しているモバイルモニターの重さが約356gと超軽量(レビュー1435件の詳細はAmazonへ)であること。

2Kやタッチパネル、USBハブ機能などを備えたモデルは少なくとも600g以上になるのでMacBookのディスプレイまたはヒンジを破壊する可能性が高くなるだろう。

iPad Proシリーズと変わらない重量だからこそチャレンジする気になった。

そして保護ケースがMacBookのディスプレイにかかる圧力を分散してくれていると信じている。

Ten One Design「Mountie+」を使ってMacbook横にiPad Proなどを装着しているレポートを見かけるが、このような使い方は片側のヒンジに圧力がかかるはず。

その点でディスプレイ上部に取り付けると均等に負荷がかかるので、ディスプレイ破損だけを注意すれば良いと思っている。

2つめの注意点は「角度によってはディスプレイを支えられない」ことだ。

上図の角度より広げてしまうとMacBookのヒンジが耐えられず広がっていく。

ただ捉え方によってはスマホスタンドを後ろに設置して支えることでMacBookのヒンジにかかる圧力を軽減することが可能だ。

また、上図の状態ではセカンドモニターの角度が食い気味なので下から見上げない限り正面にはならない。

この2つからスマホスタンドを活用して支えた方が身体とMacBookに優しいと思う。

実際にTen One Design「Mountie+」を使用した感想は想像以上に固定力があった。

例えばキッチンへ移動する際もMacBookの画面を手で支えていれば不安は感じないし、スタンディングデスク(棚)から作業机に移動する際も危険は感じなかった。

やはり「軽いモバイルモニターが鍵」だと思う。

iPadシリーズがProで重くなったこともあるが、それに対応するためかTen One Design「Mountie+」の固定力は強いのだろう。マウント製品に不安はない。

ただ、モニターが500gを超えてくるとMacBookのヒンジが悲鳴を上げると思った。

これから普段使いをして変化があれば改めてレポートしたい。

それにしてもiPhone 12 miniのカメラ性能は素晴らしい。

iPhone SE 2では様々なカメラアプリを駆使してコンデジの代わりにできないか模索したが、この性能なら満足。iPhone 13 miniへの買い替えを検討しようと思う。

(追記)
MacBookのディスプレイ裏にスマホスタンドを設置して角度を固定したところ、好きな角度に調整可能となった。
これにより見やすさが向上して快適といえるまでになった。
そのため、記事タイトルを変更。

→今回レビューした製品の詳細と購入者レビューは直営店の楽天販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

Apple初の折り畳み端末は「iPhoneより大きな端末」と業界紙

かねてより噂されているAppleの折り畳みディスプレイ搭載デ

2024年3月モデルか、新型iPad Pro/iPad Air/12.9インチiPad Airの本体サイズが流出

Appleが2024年3月にも発表するのではないかと見られて

iPhone16 初の部品リーク、垂直に再設計されたカメラシャーシ登場

Appleが次期スマートフォン「iPhone 16」をテストしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑