原道 N101双撃 予約開始!Cube U30GTとスペック比較

公開日: : 最終更新日:2012/08/11 その他・中華タブレット

原道が突き進んでいます。

差別化としてストレージが選択されたようで、ストレージは大容量32GB搭載です。

赤札天国さんで長らく2位をキープしているCube U30GTの地位を奪えるのでしょうか

1位と2位を原道が独占するのでしょうか

yuandao-n101_body

原道 N101双撃 VS Cube U30GT スペック比較

yuandao-n101_spec-hikaku

原道 N101双撃のスペックから強みを探す

  1. 10インチで626グラムと軽量化が進んでいます。
  2. バッテリーが大容量7200mAhになっています。
  3. ストレージが大容量32GBです。
  4. 高解像度1280x800対応

原道 N101双撃の見所は32GBのストレージですね

対するCube U30GTもまたハイスペックです。

Cube U30GTに関しては2010年11月26日発売にして未だに通用するハイスペックぶりこそ

まさに2位をキープしている中華パッドの証ですね

動画で見る「原道 N101双撃」

編集後記

7インチ、10インチと死角を埋める作戦の原道ですが

先日記事にしたainolの Novo 7 Flameも気になります。

Google Nexus 7のクアッドコアは凄まじいですが、中華パッドもまた異なるポイントで進化しています。

そもそも以前の記事にしたクアッドコア中華パッドの登場も考えると

本家Googleとしても高見の見物ができない状態かもしれません。

Bluetooth搭載の中華パッドも出回ってきていて楽しみですね

まったくもって個人的ですが

原道には、5インチである原道 N50の後継機を期待したいところですね

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑