Pixel Tabletの部品がiFixitで購入可能に、修理ガイドも提供・価格

公開日: : Google Nexus ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

GoogleとiFixitの提携により、Googleの最新タブレット端末「Pixel Tablet」のオーナーは自分のデバイスを簡単に修理できるようになった。

iFixitのウェブサイトからPixel Tabletの純正部品を購入し、修理ガイドのとおり作業をするだけでバッテリーなどを新品に交換できるという。

Pixel Tabletのセルフ修理が可能に

TheVergeは現地時間2023年9月14日、修理会社iFixitとGoogleの提携によりPixel Tabletの純正パーツが購入できるようになったと報じた。

背面ケースの交換品は199.99ドルとなっており、そこにはPixel Tabletの音量ボタン、アンテナ、指紋センサー内蔵の電源ボタン、3つのマイクが含まれている。

また、USB-C充電ポートは24.99ドル、消耗品であるバッテリーは59.99ドルとなっているほか、前面8MPカメラを含んだ10.9インチのLCDスクリーンは199.99ドルで販売。

そして、iFixitはPixel Tabletのほぼ全てのコンポーネントをインストールする方法を説明するリペアガイドを提供、手順に沿って作業を進めることでリペア会社へ依頼することなく自宅で修理・交換が行えるとのこと。

なお、吸盤ハンドルといったiFixitブランドの修理ツールは別途購入する必要がある。

Pixel Tabletのスクリーンケーブルや左スピーカーボタンなどの価格は下記リンクより確認できる。

Source : iFixit / TheVerge

よく一緒に閲覧される記事

Google、消しゴムマジックなどiOS/Androidユーザーへの無償開放を発表・スペック要件

Googleは米国時間2024年4月10日、Pixel所有者

Pixel 8aは27W急速充電に対応か、価格や発売時期も

Googleが5月に開発者イベントで発表すると見られている「

Pixel 8aが認証機関に掲載、Bluetooth SIG/FCC

Googleが5月に開催する開発者イベントGoogle I/

→もっと見る

PAGE TOP ↑