USB-C版のMagic MouseやMagic Keyboard / Magic Trackpad、2024年春リリースか

公開日: : Apple ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

Appleが販売中の周辺機器「Magic Mouse」「Magic Keyboard」「Magic Trackpad」について、現行のLightningポートからUSB-Cポートへアップグレードしたモデルが2024年春にリリースされる可能性が伝えられた。

すでにiPadシリーズをはじめ、最新iPhoneでもUSB-Cへの切り替えが行われており、過去には2023年10月の最新iMacシリーズ発表とともに実施されるという噂もあった。

しかし、今回は実績あるリーカーからの情報ということで期待が寄せられている。

USB-C版のMagicシリーズ、2024年春リリースか

Weiboユーザー”Instant Digital氏”はAppleのMac向けに設計されたLightningポートを備える周辺機器3つ全てが来年春にアップグレードされる可能性があると伝えた。

同氏は過去にApple Watch Series 9のマイナーリフレッシュを最初に報じたなど、Appleの計画に関して正確な情報を伝えた実績がある。その一方で2023年10月に新しいiPad Airがリリースされるという主張が外れたこともあった。

残念ながら、USB-Cへの切り替え以外の変更については言及されていない。

そのため、ユーザー間で長い間 議論の的となっていた「Magic Mouseの充電ポートが底面にあって充電中は使用できない問題」が解決するのかも不明。

Appleとしては充電中に使用しないでほしいという明確な意思なのかもしれないが、iPhoneやiPadを充電しながら使うユーザーも多く、底面の充電ポートについては設計ミスなのか議論が続いている。

 (個人的には上図のような製品リリースを発売してほしいところ)

Appleは2024年春に向けて新しいiPad、Mac、Vision Proヘッドセットといった新製品リリースを計画していると噂されており、いずれかの発表イベントにあわせるのか、それともプレスリリースによる更新にとどまるのかは不明。

同氏のリークを伝えたMacRumorsは、AppleでLightningポートを備えた最新世代のAppleデバイスはAirPodsとAirPods Max、iPhone SEだけになっており、その状態で3つの周辺機器を変更しないというAppleの決定は注目に値すると伝えた。

iPhone 15シリーズ購入者にとっては早くUSB-Cポートで統一をしたいところかもしれないが、私は意外とマグネット充電になるのではないかとも思っている。

いずれにしてもAppleの周辺機器ビジネス、その行方を注視したい。

Source : MacRumors

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE4のCADレンダリング公開、iPhone14筐体を採用か

iPhone SE4のCADデータをもとに作成したというレンダリング

iPhoneからiMacまでApple特集セール実施中、初日の在庫状況(アマゾン新生活SALE)

アマゾンジャパンが2024年3月1日午前9時より開催した新生

Apple初の折り畳み端末は「iPhoneより大きな端末」と業界紙

かねてより噂されているAppleの折り畳みディスプレイ搭載デ

→もっと見る

PAGE TOP ↑