AtermWM3800R専用クレードル『PA-WM08C』を注文、仕様と機能ほか

公開日: : Wimax

 シェアリーWiMAXの契約が完了したので続いてWiMAXルーター「AtermWM3800R」専用クレードル『PA-WM08C』を注文しました。仕様と機能、価格などを記録します。

PA-WM08C

クレードル『PA-WM08C』の仕様と機能

 「AtermWM3800R」専用クレードル『PA-WM08C』の仕様と機能を記録します。

 インターフェイスはLANポートx1基(100BASE-TX/100Mbps/全二重/半二重)と充電用のUSBコネクタ(micro B-type)×1基(USB通信はできない)となっています。
 ACアダプタは付属しておらずWM3800R添付品を接続するとのこと。
 ヒューマンインターフェイスとして電源通電時点灯する「POWER」ランプ と 有線LANの通信状態表示を示す「LAN」ランプがあるほか、ルータ/アクセスポイントモード切替スイッチ×1基が備えられています。

 本体サイズは約68.4(W) ×55.6(D)×40.3(H)mm、重量は約58g。

 色はブラックのみで、クレードル本体のほか LANケーブル、取扱説明書。

 解説によると有線LAN(100BASE-TX)をデスクトップパソコンなどのLANケーブルに接続すれば、WM3800Rを充電しながら、ADSLなみの高速通信ができるとのこと。
 クレードルがあればアクセスポイントになるため、WiMAX契約終了後のブロードバンド回線やホテルの有線LAN限定ネット回線に対して簡易的な無線LAN親機としての活用が期待できます。

クレードル『PA-WM08C』の価格

 2013年7月1日時点の価格とレビュー数です。

<これまでのWiMAX>

Source : PA-WM08C 仕様ページ

よく一緒に閲覧される記事

Try UQ mobile、貸出機種に『Galaxy A30』を追加

UQコミュニケーションズは6月14日、au回線を使ったモバイル通信サー

WiMAX L01sで月間7GB超過後のスピードテスト結果、制限前後を比較

TryWiMAXで試用中のWiMAX L01sに上限として設定され

WiMAXホームルーターを携帯仕様に、DC変換USBケーブル購入レビュー「モバイルバッテリーで使えるか」

WiMAXのホームルーター型が屋内外ともに素晴らしい受信感度であっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑