ONDA来た!デュアルコアが「V701双核版」7,980円の時代へ

公開日: : その他・中華タブレット

ONDAの「V701双核版」が安すぎて止まりません。

ついにデュアルコア中華Padが8000円を下回る時代へ突入しました。

値下げした原道 N70双撃とスペック比較してみました。

v701-image

「ONDA V701双核版」スペック表

値下げした原道 N70双撃と比べてみました。

v701-specs

「ONDA V701双核版」のポイント

はじめに「う~ん」なところから攻めてみます。

「う~ん」なところ

  1. IPS液晶ではないこと
  2. 解像度が800x480と低いこと
  3. フロントカメラが30万画素と低すぎること

大きく3つですね

細かいことをいうと8GBだったり、マルチタッチが5点だったりと限りなく

コスト削減を行った跡が見えてきます。

次は「ぐー!」なところです。

  1. 価格が7,980円
  2. なのにデュアルコア搭載
  3. SDカード32GB対応

この中華Pad「ONDA V701双核版」は

まさにデュアルコアなのに7,980円に尽きると思います。

現在、東映無線ラジオデパート店さんで販売されています。

安いという時点で一定のニーズは獲得できると思うので

もしかすると人気になるかもしれません。

もちろん、不具合・地雷率によりますが。。。

スペックが特殊なだけに他の中華Pad製品を値下げに巻き込む可能性は低いと思いますが

購入者が「ONDA V701双核版」へ流れてしまうと値下げ競争になるかもしれません。

前回の記事で1万円以下の中華Pad特集を書きましたが

突然の最安値登場です。

怖いですねえ、恐ろしいですねえ

ほんとうに中華Padは何がおこるかわかりません。

それでは次回を御期待下さい。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑