アルミシェル「ONDA V712双核版」は”PIPO U1″と”Novo7 Fire”に勝てるのか スペック比較

「ONDA V712双核版」は高解像度、アルミシェル、両面カメラで13,780円です。

Bluetoothこそありませんが価格とスペックがバランス良い中華Padです。

渦中の”PIPO U1”と”Novo7 Fire”の実売価格およびスペックから比較してみました。

onda-v712-image

「ONDA V712双核版」スペック比較

“ONDA V712双核版”と”PIPO U1”と”Novo7 Fire”の3台です。

太字は弱み、赤字は強みです。

Novo7 Flameとなっていますが、現在Fireです。

onda-v712-spec

「ONDA V712双核版」とPIPO U1を比べる

同じ13,780円のPIPO U1と比べて一長一短といった感じです。

PIPO U1

  • 【良】Bluetooth搭載
  • 【悪】HDMIなし
  • 【悪】リアカメラなし

ONDA V712双核版

  • 【悪】Bluetoothなし
  • 【悪】フロントカメラ30万画素
  • 【良】リアカメラあり
  • 【良】アルミシェル

そのほかにCPUが異なります。

RK3066かAmlogic8726-M6かは難しいところです。

発熱(空気タップも関係している?)、動画再生能力によるという感じでしょうか

PIPO U1は既に発売している強みがありますが

一方で不具合らしき情報も飛び交っています。

そういう意味では、ONDA V712双核版もまた発売開始後に

不具合レビューが上がるかもしれないので悩ましいところです。

「ONDA V712双核版」とNovo7 Fireを比べる

スペックはNovo7 Fireの圧勝ですね

アルミシェル、両面カメラ&画素数、BT搭載と何をとってもNovo7 Fireに勝てません。

価格差2,000円ほどを譲れるならNovo7 Fireが良いと思います。

残念ながらONDA V712双核版が勝っている点は価格だけです。

あとは発売開始後のファームウェア更新頻度、不具合・地雷率から考えて選ぶ他ないようですね。

「ONDA V712双核版」は買いか

すでに話題に上がっている2中華Padと比べてみましたが

  • PIPO U1とは互角
  • Novo 7 Fireには完敗、価格で抵抗

といった感じでした。

あえて3つ中どれかを選ぶならNovo 7 Fireと思いました。

今後、ゴリラガラスやアルミシェルが増えてくると

中華Padもプラスチックの安物というイメージから脱却して

メジャーメーカーとの差異が少なくなってきます。

今後の進化が楽しみです。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑