アルミシェル「ONDA V712双核版」は”PIPO U1″と”Novo7 Fire”に勝てるのか スペック比較

「ONDA V712双核版」は高解像度、アルミシェル、両面カメラで13,780円です。

Bluetoothこそありませんが価格とスペックがバランス良い中華Padです。

渦中の”PIPO U1”と”Novo7 Fire”の実売価格およびスペックから比較してみました。

onda-v712-image

「ONDA V712双核版」スペック比較

“ONDA V712双核版”と”PIPO U1”と”Novo7 Fire”の3台です。

太字は弱み、赤字は強みです。

Novo7 Flameとなっていますが、現在Fireです。

onda-v712-spec

「ONDA V712双核版」とPIPO U1を比べる

同じ13,780円のPIPO U1と比べて一長一短といった感じです。

PIPO U1

  • 【良】Bluetooth搭載
  • 【悪】HDMIなし
  • 【悪】リアカメラなし

ONDA V712双核版

  • 【悪】Bluetoothなし
  • 【悪】フロントカメラ30万画素
  • 【良】リアカメラあり
  • 【良】アルミシェル

そのほかにCPUが異なります。

RK3066かAmlogic8726-M6かは難しいところです。

発熱(空気タップも関係している?)、動画再生能力によるという感じでしょうか

PIPO U1は既に発売している強みがありますが

一方で不具合らしき情報も飛び交っています。

そういう意味では、ONDA V712双核版もまた発売開始後に

不具合レビューが上がるかもしれないので悩ましいところです。

「ONDA V712双核版」とNovo7 Fireを比べる

スペックはNovo7 Fireの圧勝ですね

アルミシェル、両面カメラ&画素数、BT搭載と何をとってもNovo7 Fireに勝てません。

価格差2,000円ほどを譲れるならNovo7 Fireが良いと思います。

残念ながらONDA V712双核版が勝っている点は価格だけです。

あとは発売開始後のファームウェア更新頻度、不具合・地雷率から考えて選ぶ他ないようですね。

「ONDA V712双核版」は買いか

すでに話題に上がっている2中華Padと比べてみましたが

  • PIPO U1とは互角
  • Novo 7 Fireには完敗、価格で抵抗

といった感じでした。

あえて3つ中どれかを選ぶならNovo 7 Fireと思いました。

今後、ゴリラガラスやアルミシェルが増えてくると

中華Padもプラスチックの安物というイメージから脱却して

メジャーメーカーとの差異が少なくなってきます。

今後の進化が楽しみです。

よく一緒に閲覧される記事

RAM4GB/WiFi6/10.1型「BMAX I9 PLUS」がクーポン特価11,900円に、スペック

新たにWiFi6をサポートしたRAM4GBの10.1インチAndro

メモリ8GB「東芝 Dynabook R73」が特価19,700円以下に、楽天お買い物マラソン対象

楽天が開催中の楽天お買い物マラソンの対象ショップになっている中古パソ

RAM4GB/GPS/10.1型「NPad Air」が特価14,830円に、クーポン

Amazon.co.jpで販売中のデュアルSIMスロットやR

→もっと見る

PAGE TOP ↑