クアッドコアな7インチ登場「CZC T73」、Nexus 7とスペック比較してみた

IFA 2012で発表されたGoogle Nexus 7を脅かす中華Padの登場です。

ChuangZhiCheng Technologyという会社でメジャーメーカーではありません。

7インチ、クアッドコア、高解像度ほかハイエンドな仕上がりになっています。

さっそくNexus 7と比較してみました。

czc-t73-image

「CZC T73」とGoogle Nexus 7スペック比較

スペックのソースは公式サイトで不明なところは、海外サイトです。

情報は変更される可能性があります。

czc-t73-spec

「CZC T73」とGoogle Nexus 7を比べてみて

「CZC T73」の勝ちではないでしょうか

もちろん、価格や地雷率、ファームウェア更新頻度、ユーザー数。。。etc

考えればきりがありませんが、スペックで比較した限りでは「CZC T73」の勝ちだと思います。

Google Nexus 7にはNFCがありますが現状日本では普及の見通しはたっていません。

少しずつ普及していくものと見られます。

「CZC T73」にはGoogle Nexus 7 にはないものがあります。

  • リアカメラがある、しかも800万画素+フラッシュ付き
  • SDスロットがあります。公式サイト上で32GB対応と記載があります。
  • SIMスロットはありますが日本バンドに対応しているか調べてみないとわかりません。
  • ラジオがありますが、日本非対応な気がします。

「CZC T73」のスペックで気になるところ

英語表記でアレですが公式サイトのスペック表で気になった機能を記録しておきます。

  1. GSM/GPRS/EDGE 4 frequency ranges (850/900/1800/1900MHz)
    TD-SCDMA frequency range (1880/2010MHz)
  2. Radio:Support FM transmitting and receiving

編集後記

「CZC T73」の価格や発売時期がわかれば一気に盛り上がると思います。

さすがにIFA 2012関連も打ち止めかもしれませんが

今年のデュアルコア騒ぎは一時期で終わってしまい

10月からはクアッドコア祭りかもしれませんね。

何はともあれ楽しみです。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑