MS、『Windows RT』の将来を語る―Surface RTは評価損9億ドル

公開日: : Windows ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

 Microsoftは現地時間9月19日、金融アナリスト会議において将来的にファブレットを開発する可能性を示唆したとCNETが伝えています。

surface-rt-front-08-13-small-2

『Windows RT』の背負う未来―ファブレットへ

 同メディアによると、MicrosoftはWindows RTが順調ではないことを認識しており、「Surface RT」については7月に評価損9億ドルを計上したと伝えています。

 マーケティング・プレジデントTami Reller氏が「Windows RTの役割」についての質問に対し、OS・プレジデントTerry Myerson氏は「x86とARMが重要」と述べたうえで、ARMデバイスについて、バッテリー寿命と接続オプションによりスマートフォン分野で信じられないほどのシェアがあるとしており、将来的にWindowsのARMタブレットが3G/4Gオプションが搭載されることを示唆、今後は多くのWindows ARMタブレットが登場するという考えを明らかにしました。

Source:CNET

よく一緒に閲覧される記事

Windows 11にハンドヘルドモード投入か、第2のSteam Deckへ

Value「Steam Deck」の成功はPCとゲーム機の流れを変え

Windows 10でもAndroidアプリが起動可能に、WSAをハック

Liliputingが興味深い記事を投稿している。 とあるハッ

メモリ2GBで動くWindows11登場、古いPCが蘇る「Tiny11」がリリース

Windows 11といえばTPM2.0のセキュリティを搭載したPC

→もっと見る

PAGE TOP ↑