学研とトイザらス、小学生向けタブレット『マナボード』を発売へ―スペックや価格

 学研ホールディングスと学研ステイフルは日本トイザらスと提携し、小学生向けの学習用タブレット『マナボード』を11月15日より全国のトイザらスで販売を開始すると発表しました。

gakken-1

小学生向けタブレット『マナボード』のスペック、価格

 『マナボード』は算数・国語・英語が学習できる「学研ビクトリー」や「学研電子図書館」、「ニューワイド学習百科事典」、ソーシャルサイト「がっけんぐるみ」などのコンテンツを収録しているタブレット端末。全国にある学研の15,000教室で順次導入、使用されています。保護者用のモードでは、子どもへメッセージを送れるほか、学習状況を確認できるとのこと。

『マナボード』のスペック

  • 画面サイズ:8インチ
  • CPU:デュアルコア プロセッサ
  • メモリ:RAM 1GB
  • ストレージ:8GB(外部:MicroSDカード/最大32GB)
  • Wi-Fi:b/g/n
  • カメラ:背面200万画素
  • コネクタ:MicroUSBx2、オーディオジャック
  • サイズ:205x159x9mm
  • 重さ:455g

マナボード』は、11月15日より全国のトイザらス店舗と「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」で販売され、価格は32,999円となる模様。

Source:トイザらス

よく一緒に閲覧される記事

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

ドンキが7型UMPC「NANOTE P8」発売、スペックの違いと価格

ドン・キホーテは4月20日、オリジナルブランド「情熱価格」より7型ノー

→もっと見る

PAGE TOP ↑