10.1インチ(1200×800), BT、デュアルコア, ステレオ出力 な「PIPO M3」は224ドル

公開日: : その他・中華タブレット

PIPO M3 は、CPUが「RK3066」デュアルコア、Android4.1(jelly bean)を採用しています。

ポイントは、ステレオスピーカーとBluetooth搭載です。

価格のレート換算、化粧箱の画像など10枚と Antutuスコア結果 などを記録しておきます。

pipo-m3-01

「PIPO M3」について

コーヒー色と称されたシェルは、アルミニウムシを採用し高級感があり

スペックに変わる術を中華Padが模索しているようにも思えます。

カメラも背面500万画素、前面200万画素と高い位置を保っています。

デュアルスピーカーとしてステレオ出力が可能という点も

動画再生を求める中華Padユーザーには歓迎される機能ではないでしょうか

バッテリーは、7000mAhと珍しい容量です。

重量が689gと少々気になる重さだと思います。

「PIPO M3」のスペック

今回からAntutuスコアを追加しました。

pipo-m3-spec

「PIPO M3」の画像

クリック等で拡大します。

pipo-m3-07pipo-m3-06

pipo-m3-05pipo-m3-04

pipo-m3-03pipo-m3-02

Jelly Beanの画面やAntutuスコア結果です。

pipo-m3-11pipo-m3-10

pipo-m3-09pipo-m3-08

「PIPO M3」の価格と、買いなのか

2012/09/21時点のレートで換算すると

日本円にして約17,400円です。

輸入代行ショップでは、23,000円くらいで登場する感じでしょうか

Antutuのスコアが6,000ということで同じRK3066でも

原道 N70双撃は8,000を超えていることから

ファームウェアの問題なのでしょうか

Antutu使用時に常駐アプリが多いなど状況によるのかもしれませんね

「買いなのか」ですが、10インチでRetinaディスプレイやクアッドコアが出てきています。

それらと数千円の違いしか打ち出せていないことから

価格を下げるなどしないと購入者が少なそうな気がします。

ただハイエンドな中華Padが登場する時期が遅れるようなことがあれば

安定したスペックと機能から注目される中華Padに入ると思います。

よく一緒に閲覧される記事

RAM4GB/WiFi6/10.1型「BMAX I9 PLUS」がクーポン特価11,900円に、スペック

新たにWiFi6をサポートしたRAM4GBの10.1インチAndro

メモリ8GB「東芝 Dynabook R73」が特価19,700円以下に、楽天お買い物マラソン対象

楽天が開催中の楽天お買い物マラソンの対象ショップになっている中古パソ

RAM4GB/GPS/10.1型「NPad Air」が特価14,830円に、クーポン

Amazon.co.jpで販売中のデュアルSIMスロットやR

→もっと見る

PAGE TOP ↑