9月だョ!7インチ集合 中華パッド勢 vs メジャーメーカー スペック比較

公開日: : まとめ、スペック比較

最近は涼しくなり、2012年9月も終わりを迎えようとしています。

中華Padが、クアッドコア や Retinaディスプレイ という新たな目標へ向かう中

Google Nexus 7 が19,800円で日本上陸するという波乱の展開となっています。

その後方には、Kindle Fire HD や Surface の影がチラついています。

そんな今こそ、スペック比較です。

google-nexus-7-shops

9月だョ!7インチ集合 中華パッド勢 vs メジャーメーカー

私は、原道 N70双撃は愛用していますがHD版とともに

カメラなどスペック不足感があるため一覧には入っていません。

中華Padとメジャーメーカーから6機種を選んでみました。

クリックで拡大します。

7inch-hikaku-2012-09

今の流れはGoogle Nexus 7にあり!

円高を反映した価格破壊とハイスペックで他社を圧倒しています。

コンテンツ販売の胴元であり、AndroidOSの発起人でもあるGoogle。

日本に無関心かと思っていましたが、9月に入ってから

ストアの割引キャンペーン、MVNOとのセット販売コラボなど突然の大行進です。

パレードの喧騒は、しばらく続きそうです。

中華Pad期待の星!CZC T73

マイナーメーカーですが、クアッドコアと前後の高画素数カメラ

GPS+BT搭載と正統派なハイエンド・タブレットになっています。

続報が待ち遠しい中華Padです。

コストパフォーマンスで選べば、Novo 7 Fireもあり

デュアルコア・タブレットを所有していない方は

価格面で値下がりも予想されるainol製のNovo 7 Fireがオススメです。

クアッドコアまではいらないから数千円でも安価にしたいというニーズでは

Bluetooth搭載、高解像度、大容量バッテリーに加えて

Kindle や Nexus 7 にはない前後のカメラやSDスロットなど

幅広い機能で希望に応えてくれると思います。

GPSはありませんがモバイルルーターがあれば

Wi-Fi基地局から場所を特定できるため問題はないと思います。

その前に7インチ・ガジェット所有者ならスマートフォンを持っていると思います。

そのスマートフォンだけでGPS関係は片付いてしまうかも知れませんが。。。

今後の中華Pad と クアッドコアの先

日本へのNexus 7 上陸により、あたかも中華Padが終わったような雰囲気がありますが

世界の工場がアソコである限り、すぐに安価で似た中華Padが登場すると思います。

今後の中華Padは、目玉としてRetinaディスプレイとクアッドコア

そして、SIMスロット搭載(データ通信機能)で盛り上がると思います。

その他の機能に関しては、BluetoothとGPSは標準装備になりそうです。

2013年内という範囲で考えるとNFCが普及すれば入ってくると思われます。

クアッドコアの先へ

すでにクアッドコア(4コア)ではなく6コア、8コアといった情報も飛び交っていますが

2013年の3月くらいまでに狭めるとクアッドコアで盛り上がると思います。

シングルコアからデュアルコアまでは、あっという間でしたから技術革新によっては

普及速度は、更に加速しそうです。

9月時点で他にも魅力的な中華Padが複数ありますが

紹介しきれないため割合しました。

10月の7インチ集合が今から楽しみです。

よく一緒に閲覧される記事

年末年始に自分テレビを、フルセグ対応タブレットやポータブルTVを探す

年末年始のテレビ争奪戦に困っていると友人から相談があったので、フルセグ

大型UMPC対決、8.9型GPD P2 MAXと8.4型OneMix3Sでスペック・価格を比較

※スペック表は2019年5月25日時点の公式ツイッターなどから集め

無制限モバイル通信の為のWiMAXルーター選び(2019年5月版)、分解から学ぶ

前回は無制限を謳うモバイル通信サービスを比較、各サービスの注意点な

→もっと見る

PAGE TOP ↑