グーグル図書館プロジェクト | 近づく図書館の電子化時代

公開日: : その他

AFPによると、米Googleと米出版社協会は4日、Googleによる

「グーグル図書館プロジェクト」をめぐる著作権侵害訴訟で和解に達したと発表した。

本プロジェクトは、図書館の蔵書を電子化しオンライン上で提供を目指しています。

箱物に予算が割り当てられる日本では相当な抵抗がありそうですが

エンドユーザーとしては、適正な形で知識の共有を期待したいところです。

google-books

「グーグル図書館プロジェクト」の和解

図書館の蔵書を電子化しオンライン上で提供する「グーグル図書館プロジェクト」に関しては

2005年10月にAAP加盟へ解明している(5つの出版社)が著作権侵害で訴え

Google と 7年間に渡り争っていたということです。

グーグルとAAPの共同声明

共同声明によると、出版社側はGoogleが電子化した自社の書籍・雑誌について

以下の いずれかを選べるおいうことです。

  • 全文公開
  • 一部公開
  • 削除

そして、公開を選んだ出版社に対しては

Googleから、当該書籍のデジタルデータが提供、自社利用が可能となる。

また「Goolge Play」からも電子書籍として販売可能となるとのことです。

「 Google Play 」が世界の図書館になる日が来るのでしょうか

Source : AFP

よく一緒に閲覧される記事

今週の人気記事ランキングTOP10を振り返る「GPDやOPPOの新製品が上位に」(2019年1月4週目)

2019年1月20日から26日までの1週間で閲覧数の多い記事を10位か

賀正:タブクルより新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は当サイトを閲覧いただ

「Google Cast」がChromeブラウザに統合、インストール不要に

 Googleは米国時間8月29日、「Google Cast」をChr

→もっと見る

PAGE TOP ↑