10インチ対決『ASUS TransBook T100TA』vs 『Acer Aspire Switch 10』スペック比較―CPU「Z3740」と「Z3745」の違い

公開日: : Acer, ASUS , , ,

 新しくキーボードドック標準装備のWindowsタブレット『Acer Aspire Switch 10』が登場したので、ほぼ同じスペックで人気の『ASUS TransBook T100TA』と10インチ対決としてスペック比較、またCPU「Z3740」と「Z3745」の違いを記録します。

Acer-Switch-10-vs-ASUS-Transbook-t100ta-hikaku.2

『ASUS TransBook T100TA』vs 『Acer Aspire Switch 10』スペック比較

 スペック比較表の『ASUS TransBook T100TA』データはASUS公式と足りない情報をMicrosoftの紹介ページから、『Acer Aspire Switch 10』は海外メディアからのリーク情報で作成しています。(正確なスペック情報ではありません。)

Acer-Switch-10-vs-ASUS-Transbook-t100ta-hikaku

 『Acer Aspire Switch 10』はInstantGo対応。米国ではMicrosoft Office Home & Student 2013が付属。Acerのプレスリリースでは厚みだけが公開され本体サイズは不明、Wi-Fi/Bluetoothは2機種とも同じと推測できますが未発表。価格は349ユーロまたは379.99ドル(約3.9万円)という情報がありました。

 『ASUS TransBook T100TA』と比較するとスペック上の違いはほとんどありません。むしろ先に発売した『ASUS TransBook T100TA』のほうが軽量でバッテリーが持つ印象です。

CPU:Intel Atom「Z3740」と「Z3745」の違い

 第二世代「BayTrail-T」となる「Z3745」(2014年3月末)は、「Z3740」(2013年9月11日)に比べGPUクロック数が677MHzから778MHzへ約16%向上しているのが特徴。また最大温度が「Z3740」の70/90度なのに対し、「Z3745」は105度とのこと。

 それ以外の周波数やコア・スレッド数、キャッシュにメモリ(LPDDR3-1067)などは同一のスペックとなっています。

『Acer Aspire Switch 10』は買いか考える

 以前の記事で『ASUS TransBook T100TA』のZ3745搭載モデルが登場するという話を記録しましたが、それが登場するならばユーザーも多い『ASUS TransBook T100TA』を買うほうが良いと思いました。

 後発の『Acer Aspire Switch 10』に厚みとCPU以外で付加価値があればよいのですが、正式発表を期待したいと思います。

【Amazon.co.jp限定】 ASUS H100TA-DK004HS

【Amazon.co.jp限定】 ASUS  H100TA-DK004HS

【Amazon.co.jp限定】 ASUS H100TA-DK004HS
ASUSTek
価格: 53,506円 (10%OFF) レビュー58件(2014/05/03現在)

アマゾンで長らくランキング1位となっているアマゾン限定モデル。



よく一緒に閲覧される記事

Acer、ペン収納できる14型ノート『Spin 3』発表・価格・発売時期

Acerは米国時間4月11日、ペンを本体に収納できる14型ノート『Sp

Acer、eSIM / 1.1kgの14型ノート『TravelMate P614-51』発表・価格

Acerは米国時間4月11日、厚さ16.6mmで重量1.1kgという薄

ワコムペン対応Core i9/RTX2080搭載17.3型ノート『Acer ConceptD 9』発表

Acerは米国時間4月11日、クリエイター向けに最適化された新ブランド

→もっと見る

PAGE TOP ↑