ソニー、収納式ファインダー搭載デジカメ『DSC-RX100M3』発表―価格・仕様と発売日ほか

公開日: : 周辺機器

 ソニーは5月16日、収納式ファインダーと24-70mmの大口径ズームレンズを搭載したデジタルスチルカメラ サイバーショット 『RX100 III(マークスリー)』(DSC-RX100M3)を発表しました。予想価格は税抜8.8万円前後で発売日は5月30日。

DSC-RX100M3-01

『DSC-RX100M3』の価格と発売日ほか

 型名デジタルスチルカメラ サイバーショット『RX100 IIIDSC-RX100M3は、広角24mmから中望遠70mmまでをカバーする、光学2.9倍ズームのZEISSバリオ・ゾナーTレンズと、レンズの性能を引き出す有効約2010万画素の大型1.0型裏面照射型Exmor R(エクスモア アール) CMOSセンサーを搭載。

 マクロ撮影では約5cmまで被写体に近づけるほか、色彩を変えずに光量だけを減少させる「NDフィルター機能」を内蔵。

『DSC-RX100M3』の仕様

 『DSC-RX100M3』のレンズはZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ(レンズ構成:9群10枚(AAレンズを3枚含む非球面レンズ9枚))、F値はワイド端時F1.8 -テレ端時2.8。ズームは2.9倍(動画記録中光学ズーム対応)。センサータイプは1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor R CMOSセンサー、アスペクト比3:2。総画素数約2090万画素/有効画素数約2010万画素。

DSC-RX100M3-03

 モニター部は3.0型(4:3)で、上に約180度、下に約45度。

DSC-RX100M3-02

 ビューファインダーは、0.39型 電子式ビューファインダー(OLED)、1,440,000ドット。

 シャッタースピードは、おまかせオート(4-1/2000秒)/ プログラムオート(1-1/2000秒)/ マニュアル露出(バルブ、30-1/2000秒)/ 絞り優先(8-1/2000秒)/シャッタースピード優先(30-1/2000秒)。

 セルフタイマー機能は10秒と2秒のほか、連続セルフタイマー10秒後3枚と10秒後5枚。

 インターフェイスでは、MicroUSB/MicroHDMI、NFC、Wi-Fi b/g/n(5GHz非対応)、Eye-Fi対応。

 消費電力は、液晶モニタ使用時:約1.7W/ファインダー使用時:約2.3W。

 本体サイズは101.6×58.1×41.0 mm、重さ約290g。

『DSC-RX100M3』の価格と発売日

 『DSC-RX100M3』の発売日は5月30日で、価格はオープン(予想価格は税抜8.8万円前後)。

 オプションのアクセサリーとして、ショルダーストラップを付属したジャケットケース『LCJ-RXF』が5月30日より税抜8,400円、本体のホールド性を高めるアタッチメントグリップ 『AG-R2』を5月30日より税抜1,500円で発売するとのこと。

 ソニーは『DSC-RX100M3』の先行展示および体験会を5月17日より銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋にて行うとしています。

DSC-RX100M3

DSC-RX100M3

DSC-RX100M3
ソニー
価格: 85,492円 レビュー0件(2014/05/16現在)

アマゾンでは5月30日発売予定。



Source:Sony

よく一緒に閲覧される記事

初回10%還元、ANKERポータブル電源「PowerHouse 256Wh」発売

Anker Japanは12月7日、一般的なポータブル電源に比べて約6

ドンキがAndroid搭載のチューナーレス・スマートテレビ発表、価格・発売日

ドン・キホーテは12月6日、オリジナルブランド「情熱価格」より「あえて

ゲオのモバイルQI充電器「SGBD-MCB02」購入レビュー

先日ゲオで注文したワイヤレスチャージャーマルチケーブルボックス「SGB

→もっと見る

PAGE TOP ↑