Android Wear ブートローダーのアンロック手順―LG G Watchスマートウォッチ

公開日: : 最終更新日:2014/09/21 スマートウォッチ , ,

スマートウォッチ「LG G Watch」を使ったAndroid Wear ブートローダーのアンロック手順を記録します。

DSC02832

Android Wear ブートローダーのアンロック

 (注意)ブートローダーのアンロック後は工場出荷状態(初期化)となり、購入した時と同じセットアップが必要となります。

 前回のAndroid WearのUSBドライバが認識しない対処法―LG G Watchを参考にUSBドライバ導入やADBデバッグ有効化を行い、Windowsパソコンとスマートウォッチ「LG G Watch」をUSBケーブルで接続した状態から開始します。

 「Android SDK」を最新版にアップデートまたは新たにダウンロード、Cドライブ直下などアクセスしやすい場所へインストールしたらフォルダ「android-sdk-windows」→「platform-tools」に移動、そのままファイルがない場所でShift+右クリックで「コマンドプロンプト」起動を選択。

 コマンド「adb reboot bootloader」を入力しEnterで実行。

 LG G Watchがブートローダーで起動したら、次のコマンド「fastboot oem unlock」を実行。

DSC02830

 ブートローダーのアンロックを確認する画面では矢印アイコンで「No」から「Yes」へ変更します。

DSC02831

 「Yes」に切り替えたら中央の丸いアイコンで決定。

 アンロック後は工場出荷状態(初期化)となるので、再びスマートフォンとのペアリングが必要となります。

 記事冒頭の画像は、アンロック後のブートローダー画面です。

 「LG G Watch」関連の記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

(祭り)FOSSILが最大70%OFFに、ポイント10倍も実施中

楽天が年に4回だけ開催する楽天スーパーSALEにおいて、FOSSI

最大50%OFF、フォッシル・スカーゲンのAmazon特集セール開始

アマゾンジャパン恒例のタイムセール祭りで値下げされなかったフォッシ

本日終了、FOSSIL楽天で50%OFF+20%OFFクーポン特価セール

FOSSILが楽天市場において実施している最大30%OFFクーポン

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑