99ドルの7~8インチWindowsタブレットを年末発売へ―WPC2014

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 ニュース

MicrosoftはMicrosoft Worldwide Partner Conference 2014(WPC 2014)において2014年末に価格99ドルの7~8インチWindowsタブレットと199ドルのノートPCを複数のパートナーから発売すると発表しました。

99-199dollar-windows

99ドルのWindowsタブレット

 TheVergeによると、Microsoft COO Kevin Turner氏がWPC 2014において、複数のパートナーメーカーより7インチ~8インチのWindowsパソコンをホリデーシーズンにリリースする予定を明らかにしたと伝えています。Chromebookが席巻するローエンド市場での競争を意識した価格とのこと。

 また、winfutureは7インチ~8インチはWindowsタブレットであり、CPUにはIntel Atom Bay Trailプロセッサが採用されるとしています。

 格安タブレットのOSにはOEM向けに0円または低価格で提供されるという「Windows 8.1 with Bing」が搭載されると思われます。そしてRT機ではないと信じたいところです。

 なお、同イベントではHPから199ドルのWindowsノートPCが同じくホリデーシーズンに発売されるという発表も行われており、Chromebookへの攻勢が激しさを増しています。

 2014年末に複数の格安Windows端末がリリースということで、日本での販売価格が2~4万円ほどになってしまうのかも含め、続報に期待したいと思います。

よく一緒に閲覧される記事

新型肺炎・コロナウィルスの感染マップが公開、各地の死者数もカウント

2019年12月より中国武漢市で感染が確認された新型コロナウィルス

郵便局がキャッシュレス決済を開始、SuicaやAmazon Payなどに対応

日本郵便は2月3日、郵便局の郵便窓口においてクレジットカード払いや

ゆうちょ通帳アプリは2月下旬に開始、4月終了の残高照会アプリと比較

ゆうちょ銀行は1月24日、ネットバンキングを利用していなくても使え

→もっと見る

PAGE TOP ↑