Surface Pro 3の初回セットアップ~Surface Penペアリング失敗時の対処法

公開日: : Microsoft Surface

「Surface Pro 3」の初回セットアップを行う際にSurface Penのペアリングに失敗、初回セットアップでペンと接続できなかった時の対処法を記録します。

DSC02944

Surface Pro 3とSurface Penの初回セットアップ

DSC02928

 「Surface Pro 3」を起動すると「地域と言語」設定画面が表示、すでに日本となっているので次へ。

DSC02929

 ライセンス条項に同意。

DSC02931

 問題の「ペンのセットアップ」画面。

DSC02932

 ライトが点滅するまで7秒間、トップボタンを長押しするとのこと。

DSC02934

 トップボタンのボタン電池は出荷時に入れられているようですが勘違いして、ここで単6電池を取り出しSurface Penへ入れる作業を開始。

DSC02935

 自作の単6電池はゴム装着状態では入らないので、ありのままの電池にして挿入しました。

DSC02936

 ふと、Surface Pro 3の画面を見ると「ペアリングが失敗しました。」となっており、3回ほど試したが3回とも失敗したので後で試して欲しいとのこと。

 Frozen.

 気を取り直して先へ進みます。

DSC02938

 少しもなんちゃらだわと、パーソナル設定でPCの名前を入力。

DSC02939

 Wi-Fi接続を設定、ルーターのWPSボタンを押せば簡単に接続できました。本日のWi-Fi接続の改善プログラムのアップデートは未適用なので急ぎたいところ。

DSC02940

 「設定」画面では個別にアプリでパーソナル情報を使うという項目などをオフにしました。

DSC02941

 Microsoft アカウントへのサインイン手続き、メールアドレス認証が必要。

DSC02942

 PCの設定画面。

 これ以降は特に設定する項目もなくスムーズに進みました。しかし、セットアップが終わるにつれてSurface Penのペアリング失敗の痛みが増してきます。

 とりあえず、Surface Pro 3 は記事冒頭の写真のような状態で起動できました。

Surface Penのペアリングに失敗したら

 VivoTab Note 8のようなワコムアプリがあるのかと探したところ。「Surface Pen」設定を行うためのアプリは存在しないようです。コントロールパネルのペン設定にも見当たりません。

 ここで先ほどの「ペアリング」という言葉からBluetooth接続画面へ移動。

DSC02946

 ディスプレイ右端から左へスワイプ→「設定」→「PC設定の変更」→「PCとデバイス」→「Bluetooth」の順に移動。

DSC02945

 Bluetoothデバイスの管理で検索中に、先ほどのトップボタン7秒間を押すとSurface Pen登場。

DSC02947

 ドライバーエラー!!!

DSC02948

 とりあえずSurface Penをタップして「デバイスを削除」を選択、再び試したところ「接続済み」に。

DSC02949

 恐る恐るトップボタンをクリックすると「OneNote」が起動しました。よかった。

 Surface Penに特別なアプリや設定はなく、トップボタンはBluetooth接続画面からペアリングすれば使えることが判明しました。

 次回はSurface Penの使い心地を記録したいと思います。

 Surface Pro 3 関連の記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

Microsoft Store クリスマス セール開催中、SurfaceシリーズやXbox Oneなど対象

日本マイクロソフトは12月17日より在庫限りの期間限定『Microso

デュアルスクリーンSurface『Centaurus』開発中か、2019年秋に発表とも–そしてAndromedaは生きている

MicrosoftがWindows Core OSを搭載した新しいデュ

Surface Pro/Surface Laptop/Surface Goのキャッシュバックキャンペーン実施中

日本マイクロソフトは12月1日から31日までの期間限定でSurface

→もっと見る

PAGE TOP ↑