ASUS VivoTab Note 8用カバーケース(IVSO)購入、開封~重量や磁石、ペンホルダー、ストラップ試用レビュー

公開日: : ASUS , ,

IVSO オリジナル ASUS VivoTab Note 8専用カバーケースを購入、開封から重量測定や磁石、ペンホルダー、ハンドストラップなどの試用レビューを記録します。

DSC03113

スポンサーリンク

IVSO ASUS VivoTab Note 8専用カバーケース開封レビュー

 現在使用中のカバーケースではペン入力がマグネットの影響を受けて書きづらいので新たにカバーケースを購入しました。

DSC03140

 左から新カバー/旧カバー。

DSC03105

 IVSO ASUS VivoTab Note 8専用カバーケースはビニール袋に入っていました。

DSC03106

 袋から取り出してカバー部を撮影。

DSC03107

 背面。

DSC03108

 開くと紙とスポンジ、乾燥剤が入っていました。

DSC03115

 ストラップ部分は両端がゴム素材で伸び縮みする仕組み。

DSC03136

 SDカードとカードを入れるポケットも備えられています。

DSC03110

 前面をカバーするタイプは過去に何度か購入していますが、今回のカバーケースは質感が良い印象。

DSC03138

 カバーケースの品質が良く感じた理由は、カバーケースの末端が切れた状態ではなく上図のように加工処理されているからだと思われます。

DSC03114

 さっそく「VivoTab Note 8」を装着、ピッタリと入りました。

DSC03117

 MicroSDカードスロットが塞がれてしまいましたが、マジックテープで外せる位置なので問題というほどでもなさそう。

DSC03118

 電源などボタン類は塞がれていません。

DSC03119

 ヘッドホンジャックとMicroUSBポートも問題なし。

DSC03126

 本体内蔵のワコムペンもアクセス良好。

DSC03127

 ほとんど使いませんがカメラの位置もOK。

IVSO オリジナル VivoTab Note 8専用カバーケースのペンホルダーを試す

DSC03129

 ここからは「IVSO オリジナル ASUS VivoTab Note 8専用カバーケース」が使えるか試した内容です。

DSC03131

 ペンホルダーはゴム素材で伸び縮みしますが、別途購入したBAMBOOスタイラスペンはキツイ感じでした。

DSC03133

 ペンをサッと取り出せるようホルダーをキャップまで引っ張りましたが、かなり無理をした感があります。

DSC03134

 ペンを取り出すアクションは軽快になりましたが、ホルダーの寿命が短くなりそう。

IVSO オリジナル VivoTab Note 8専用カバーケースのストラップを試す

 軽量になったWindows端末とはいえ8インチを長い時間持つには持ちやすさが重要、もうひとつの購入目的であるハンドストラップを試します。

DSC03135

 完全に折り畳んだ状態でハンドストラップを使うのかと思っていましたが、実際には上図のような状態で手を通して持つのが安定しました。

 通常のスタンドにした使い方として、いわゆるビデオ視聴モードを試したところ3つ折りカバーケースに比べ奥行きスペースを多く取るものの安定して設置できました。指で強めにタッチ操作をしても倒れないほど。

 また、ソフトキーボードで文字入力をするモードでも同じく強みにタップしてもスタンドが崩れることなく使用できました。

 まともにスタンドが機能しないカバーケースを購入したことがあるため、正常に機能するのは有り難い限り。

IVSO オリジナル VivoTab Note 8用カバーケースのマグネット・ペン入力を試す

 次はカバーケースを新たに購入するキッカケとなったペン入力時のマグネット問題です。

DSC03112.1

 はじめにマグネットの位置を調査、やはりマグネットが6個も入っていました。

 それではペン入力時にポインタが飛んでしまう箇所が存在するのか実際に書いて調べます。

DSC03139

 OneNoteで試したところ、上図の右上付近でポインタがズレるような感覚がありましたが他の箇所では以前のカバーケースにあったような端に近づくとポインタが著しくズレるといった状態にはなりません。

 このカバーケースがワコムのデジタイザに影響するのは実際に使わないような場所で非常に限定的、問題はないと判断しました。

IVSO オリジナル VivoTab Note 8用カバーケースの重量を知る

 最後にカバーケースの重量を計測します。

DSC03142

 カバーケース単体で162gでした。

DSC03141

 続いて「VivoTab Note 8」と付属スタイラスペンを内蔵し、別途購入したワコム対応スタイラスペンを装着したフルセットで計測、重量は571gでした。

 これにBluetoothキーボードを加えて1kg以下であればモバイル環境としても使えるWindows端末になりそうです。

 家族に見せたところ「今までと違い高級感がある」とのこと。

 使い心地も問題ないので購入してよかったと思えるカバーケースです。

IVSO オリジナル ASUS VivoTab Note 8

IVSO オリジナル ASUS VivoTab Note 8

IVSO オリジナル ASUS VivoTab Note 8
IVSO®
価格: 1200円 レビュー5件(2014/08/08現在)

今回購入したカバーケース(ブラウン)。



 前回の話、調査編
 ペン入力向けのASUS VivoTab Note 8専用ケース選び~注文した話

ASUSの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベゼルレスなASUS ZenBookシリーズ3機種が発表、タッチパッドがテンキーなど #IFA2018

ASUSはベルリンで開催されるIFA2018に先立ち開催したプレスカン

4K/GeForce/15.6型ゲーミングノートPC『ASUS FX570UD』発表、価格・発売日・スペック

ASUS JAPANは8月8日、4K解像度に外部GPUを搭載した15.

ASUS JAPAN、液晶タッチパッド『ASUS ZenBook Pro 15』発売日を発表

ASUS JAPANは7月12日、ZenBookシリーズの最新フラッグ

360度ヒンジで価格36800円、ASUS VivoBook Flip 12 TP202NA発表、スペック

ASUS JAPANは6月27日、ノートパソコンの2018年夏秋モデル

4K13.3型で1.08kgを実現『ASUS ZenBook S UX391UA』発表、発売日・価格・スペック

ASUS JAPANは6月20日、今年の夏秋モデルとして、4K解像度で

2画面ペン対応15.6型『ASUS ZenBook Pro 15 UX580』の日本投入を発表、発売時期・価格・スペック

ASUS JAPANは6月20日、2018年夏秋モデルとして先月台湾で

RAM8GBスマホが約3.67万円、『ASUS ZenFone Ares (ZS572KL)』発売

台湾ASUSはGoogle Tangoを搭載したAR/VR対応スマート

フラッグシップ『ASUS ZenFone 5Z (ZS620KL)』本日より販売開始、在庫状況

ASUS JAPANは6月15日、数日前の発表通り最新フラッグシップS

ASUS ZenFone 5Z (ZS620KL)の発売日が決定、フラッグシップ端末の価格

ASUS JAPANは6月13日、これまで6月下旬以降の発売としていた

2画面ノート『ASUS Project Precog』のハンズオン動画が公開

台湾ASUSがComputex2018にあわせて発表した2画面ノートパ

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑