9.7インチ Retinaディスプレイ(2048×1536) 容量32GB 「原道 N90 双撃 FHD」 は22,980円

公開日: : その他・中華タブレット

Retinaディスプレイが国内でも予約開始になりました。

デュアルコア「RK3066」搭載という点が気にかかりますが

同じCPUを持つ 原道 N70双撃 の所有者として

Retinaディスプレイとスペックの関係が気になるタブレットなので調べてみました。

windows-n90-fhd

「原道 N90 双撃 FHD」 のスペック

デュアルコア搭載ですが、Retinaディスプレイでストレージが32GBもあります。

9,7インチということで、何かと話題の Nexus 7 とは住み分けができそうです。

もちろん、iPad とはOSが既に異なりますから被りません。

Antutuのベンチマーク・スコアは、「8248」ということです。

重量の記載はありませんが、バッテリー1万mAhも積んでいることから

恐らく600gは超えると思われます。

「原道 N90 双撃 FHD」 の魅力

ストレージが32GBもあり、かつSDスロット対応と

中華タブレットの強みを魅せつけてくれます。

バッテリーも10000mAhと大容量になっています。

GPSの文字がありませんが、Bluetooth対応ということで

新しい中華タブレットの流れに対応しているのも素晴らしいと思いました。

Source : 赤札天国

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑