Microsoft、Surface Pro3 i7モデルの熱による不具合、修正アップデート早期提供へ

公開日: : Microsoft Surface

 Microsoftが最新タブレットPC『Surface Pro3 i7モデル』の熱による不具合を認識しており、修正アップデートを早期提供できるよう取り組んでいることを明らかにしたと海外メディアが伝えています。

screen_shot_2014-08-23_at_10.14.49_pm_story

Surface Pro3 i7モデルの熱問題

 NeowinはMicrosoftからの返答として、Surface Pro 3 i7モデルを購入した一部のユーザーで発生している一時的に再起動が行われ起動中に温度計アイコンが表示される不具合について認識しており、修正アップデートの早期提供に取り組んでいるという内容を掲載しています。

 また、Surface Pro 3 i7モデルは薄型軽量タイプでCore i7という処理性能を搭載した初めてのダブレットで、冷却ファンを高速回転する頻度が高くなり筐体が僅かに暖かくなることがあるとのこと。

 この返答を読む限り「温度計アイコンの表示問題をアップデートで改善」、「Core i7搭載モデルは暖かくなりやすい」という話で、熱に関する不具合が解消されるわけではないと思われます。

 私が『Surface Pro 3 i7モデル』を購入した時も、席を外して戻ってくると勝手に再起動中または電源OFFになっていることが何度かありました。その時は背面右上が熱かったのでWindowsアップデートによる動作だと判断しましたが、発熱による不具合だったのかもしれません。当時は温度計ではなくBIOS画面になりました。いずれにしても直接の返品理由であるフリーズも加熱が原因かもしれません。

 Surface Pro 3関連記事

Source:Neowin

よく一緒に閲覧される記事

MS、9インチ折り畳み2画面「Surface」を2020年前半に投入か:Forbes

Microsoftが2020年前半にも9インチのディスプレイ2枚を折り

Microsoftが2画面Surface端末「Centaurus」を社内デモ、年内リリースか

Microsoftが新しいデュアルスクリーン搭載Surfaceデバ

まもなく「Surface Pro 6」「Surface Book 2」のメモリ16GB版Core i5モデル投入か

Surface Pro 6をiFixitが分解、ディスク交換ほぼ不

→もっと見る

PAGE TOP ↑