MSI、10.1型Windowsタブレット『S100』の日本発売を発表―スペックほか

公開日: : その他・中華タブレット

 エムエスアイコンピュータージャパンは8月29日、スタンド機能を備えたキーボードが標準付属となる10.1インチのWindows 8.1搭載タブレット『MSI S100』を9月5日より発売すると発表しました。Amazon.co.jpでの予約価格は44,799円。

MSI-S100.2

『MSI S100』が日本発売、スペックと価格ほか

 『MSI S100』は画面サイズ10.1(解像度1280x800)IPS液晶、OSにWindows 8.1 with Bing(Microsoft Office Home & Business 2013付属)を搭載したタブレット端末。

 CPUにIntel Bay Trail-T Z3740プロセッサ 1.33GHzクアッドコア(Intel HD グラフィック)、RAM 2GB DDR3L、内部ストレージは64GB(外部:MicroSDカードスロット最大SDHC対応)。バッテリーは7,500mAh。

 カメラは前面200万画素/背面200万画素。

MSI-S100.1

 インターフェイスは1Wスピーカー、MicroUSB2.0、microHDMI、3.5mmイヤホンジャック、2.5mmDC充電ポート。

 通信はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.0。センサーは加速度センサー。

 折りたたみ時の本体サイズは幅262.17×高さ173.6×厚さ9.8mm、重量はタブレット本体(595g)にキーボードドック(295g)で、合計890g。

 付属キーボードはBluetoothではない専用端子タイプで、タッチパッドと折り紙タイプのスタンドを備えノートPCに近い感覚で仕上がっています。

やはり「3in1」表記は日本向け製品ページにも登場

 8月9日の発表記事で「3 in 1」という表現が何を指しているのか海外でも「ミステリー」として伝えられていましたが、「タブレット」「キーボード」「保護カバー」の3つが揃っているという意味だったようです。

Amazon限定モデルもリリース

 ASUS T100TAと同じように一部スペックが異なるAmazon限定モデルがリリースされるようです。

  • CPU:Z3740→Z3735D(いずれも1.33GHzクアッドコア)
  • 内部ストレージ:64GB→32GB

 CPUを調べたところ「Z3740」は最大1.87GHz(GPU:667MHz)で、「Z3735D」は最大1.83GHz(GPU:646MHz)といった違いがありました。

 アマゾン版はプライム対応で9月5日発売予定となっていました。

【Amazon.co.jp限定】 MSI S100

【Amazon.co.jp限定】 MSI S100

【Amazon.co.jp限定】 MSI S100
MSI
価格: 44,799円 レビュー0件(2014/08/29現在)

9月5日の発売予定。同時購入で電源タップが20%OFF。



 もうすぐ始まるIFA 2014ではS100のような専用端子キーボードを備えた「2 in 1」スタイルの格安Windowsタブレットが発表されると思われます。特に10インチは価格競争、レッドオーシャンになりそうな気配を感じます。

 MicrosoftはOS無償化を計画した時点でSurface Pro 3から画面サイズ変更を決めていたのかもしれません。

Source:MSI製品ページ

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑