KDDIが本格的にMVNO(格安SIMカード)展開へ―新会社「KDDIバリューイネイブラー」設立発表

公開日: : au MVNO ,

 KDDIは8月29日、MVNO事業を推進する新会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社」(KVE)の設立を発表しました。低価格志向のユーザー向けサービスを創出するとしています。

KDDI-MVNO-Plan

「KDDIバリューイネイブラー」(KVE)設立

 KDDIバリューイネイブラー(KVE)設立について、いわゆる格安SIMカードとして利用者が増加しているドコモのMVNOが増えている中で、様々なパートナー企業からKDDIにおけるMVNO展開について要望を受けていたとしており、今後はKVEがMVNOとなりパートナーと連携した低価格サービスを創出するとしています。

 KVEは「mineo」展開中のケイ・オプティコムと同じMVNOというKDDIから回線を卸してもらう立場であり、価格などの優遇はなく同じ条件下でMVNOを展開するとしています。

 KVEによりパートナー企業がKDDIとの卸提供を契約する手間・コストは省かれ販売とブランド構築に注力できるようになり、KDDIのMVNO販売に参入しやすい環境が整いました。

 ケイ・オプティコムと同じ条件のMVNOということで、ドコモMVNOのIIJが展開している「IIJmio/hi-ho/ビックカメラ」といった格安SIMカードサービスが増えるというイメージでしょうか。現在、IIJmioで提供しているSIMカード3枚プランなどが契約期間の縛りを変えてhi-hoで格安提供されています。

 KDDIのプレスリリースでは、KVEについて「MVNO事業を推進する新会社」であり「低価格志向のお客様向けのサービスを創出」という記述からIIJと同じようにパートナー企業のブランドで展開し契約期限の縛りやスマホセットといった販売方法で様々な低価格サービスを提供すると思われます。

 関連記事
 1000円以下のドコモMVNO一覧まとめ 料金/制限の比較ほか

Source:KDDI

よく一緒に閲覧される記事

支援措置は本日終了、台風19号に伴うUQ mobileデータ容量10GB無償提供

度重なる災害への対応で試せなかった人もいるかもしれないが、UQ m

UQ mobile、スマホプランのデータ増量キャンペーン提供開始・注意点

UQコミュニケーションズは10月25日、スマホプランのデータ容量を

UQ mobile支援措置、実際にデータ容量をチャージした2つの方法

台風19号による災害救助法が適用された地域に住んでいるため、実際に

→もっと見る

PAGE TOP ↑