Microsoft製スマートウォッチのコンセプト画像、Cortanaや通話イメージほか

 もしもMicrosoftがスマートウォッチを作ったら、、、というコンセプト画像が海外で公開されています。Cortanaや通話イメージなど見ていたらWindowsこそスマートウォッチで補助したいOSであると思えてきました。

microsoft-smartwatch

Microsoft製スマートウォッチのコンセプト画像

 die-smartwatch.deで公開されたコンセプト画像はWindowsらしいデザインのスマートウォッチに仕上がっています。同サイトによるとMicrosoftは最大限の顧客を獲得するために複数の異なる色でスマートウォッチをリリースすると予想、フロントにはカメラを取り付けるのではないかとのこと。

Microsoft_Smartwatch-Phone

 ホーム画面はタイルで構成されユーザーは各アプリをダイレクトに起動できるほか、音声コマンド「Cortana」で様々な情報を検索、通話もできるようになるとのこと。

 個人的にはWindowsタブレットのマウスとして使えたり、「Cortana」経由でWindows端末のアプリを実行できるようになると面白いと思いました。Microsoft自ら発売するならば名前は「Surface Watch」でしょうか。

 下記リンクでは複数のコンセプト画像を確認できます。

Source:die-smartwatch.de

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

腕につけるスマホ『Nubia Alpha smartwatch』発表・動画

Nubiaがスマートフォン並の大画面を備えたスマートウォッチ『nubi

→もっと見る

PAGE TOP ↑