加賀ハイテック、PC不要でUSB↔SD間コピー可能な「TAXAN MéoBankSD HS」発表―モバイルバッテリー/無線LANルーター/メディアリーダー

公開日: : 周辺機器

 加賀ハイテックは10月6日、モバイルバッテリー/無線LANルーター/Wi-Fiメディアリーダーの3機能を備えた「TAXAN MéoBankSD HS(ミーオバンクエスディーエイチエス)」を2014年11月上旬より発売すると発表しました。

TAXAN-MeoBankSD-HS.0

「TAXAN MéoBankSD HS」の機能

 シリーズ第4弾となる「TAXAN MéoBankSD HS」は新たに高速CPUを搭載しデータ転送効率を改善することでSDカード/USBメモリのWi-Fiデータ転送スピードを旧製品の約4倍まで高速化、追加機能として専用のAndroid/iOSアプリを使用してSD・USB間の相互コピーが可能になったとしています。

LANポート+無線LANルーター機能で外出先でも活躍

 ホテルなどで用意されている有線LANケーブルを「TAXAN MéoBankSD HS」に接続すれば無線LANルーターとして利用可能(IEEE 802.11b/g/nに準拠し、最大通信速度150bps)になるとのこと。

モバイルバッテリー機能

 バッテリー容量2,000mAh(5V/1.0A出力)を搭載しスマートフォン約1回分の充電が可能。

PC不要でデータコピー/NASとして利用可能。

 SD・USB間でアプリを使ってデータを相互にコピーが可能。また、Samba/FTPサーバ搭載によりNASとして利用可能。

リピーターモード搭載で接続中もインターネットが利用可能

 Wi-Fiストレージ製品に接続中はインターネット回線が使えないことが多いのですが、「TAXAN MéoBankSD HS」はリピーターモードを搭載しているので無線LANルーター(インターネット)→「TAXAN MéoBankSD HS」(データ/NAS)→タブレット/PC(操作デバイス)という順序であればインターネットにも接続可能とのこと。

無線LANルーターの中継機器として

 リピーターモード機能の使い道として無線LANルーターから離れた場所へもWi-Fiを届ける中継機器としても使えるとしています。

TAXAN-MeoBankSD-HS.2

「TAXAN MéoBankSD HS」のスペック

 は本体サイズ「110x 66 x 14.5mm」、重量101g。バッテリー容量は2,000mAhでビデオ再生時の動作時間は約4時間(充電はMicroUSBポートから約2.5時間)。同時接続台数は最大5台。

 インターフェイスはSDカードスロット(最大128GB対応)、USBポート(USBメモリー/モバイルバッテリー出力兼用) microUSB(Bタイプ)ポート(充電/カードリーダー兼用)、WANポート。

「TAXAN MéoBankSD HS」の価格と発売時期

 加賀ハイテックは10月7日(火)から幕張メッセにて開催される、最先端IT・エレクトロニクス総合展『CEATECJAPAN(シーテックジャパン)2014』加賀ハイテックブース(No.2L96)において「TAXAN MéoBankSD HS」を出展する予定であるとしています。

 「TAXAN MéoBankSD HS」の発売日は2014年11月上旬で、想定価格は8,960円。

Source:TAXAN

よく一緒に閲覧される記事

ANKER製品、セブンイレブンで販売へ

アンカージャパンは10月19日、全国のセブン-イレブンにてAnkerお

ズボラOKでパワフルな象印の加湿器「EE-RQ35」購入レビュー

頻繁なフィルター交換やブラシ掃除が必要だったり、水を残して1週間も使わ

新型「nasne」は2021年春リリース、発表時点で判明したこと。

バッファロー は10月7日、ソニー・インタラクティブエンタテインメ

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑