『iPad Air 2』分解でバッテリー縮小とRAM 2GB/NFC搭載が明らかに

公開日: : Apple ,

 iFixitが恒例の分解記事を公開しました。今回『iPad Air 2』の分解により初代iPad Airに比べバッテリー容量が少なくなっているほか、RAM 2GBとNFCが内蔵されていることが明らかになりました。

iFixit-iPadAir2.0

『iPad Air 2』はRAM 2GB/NFC搭載

 『iPad Air 2』に搭載されているプロセッサは”Apple APL1012 A8X 64bitプロセッサ”、内部ストレージはSK Hynix製16GB NAND Flash。

iFixit-iPadAir2.1

 緑の箇所はNFCモジュール”NXP 65V10”で、iPhone 6/iPhone 6 Plusと同じパーツとのこと。

iFixit-iPadAir2

 薄くなった『iPad Air 2』はバッテリー容量が27.62Whとなり、初代iPad Airの32.9Whより少なくなっています。しかし、Apple公式スペック表(iPadを比較)では同じ10時間駆動と記載されています。

 iPad Air 2 は初代よりも高い処理性能であることが伝えられていましたが、NFC搭載により実店舗でもApple Pay端末として使えそうです。なお、Wi-Fiモデルは昨日より家電量販店で発売されています。

 Appleの最新記事

 下記リンク先ではiPad Air 2を分解する過程や内部パーツなど多数の写真が掲載されています。

 Source:iFixit

よく一緒に閲覧される記事

iPad miniに続き、iPhone 2019もApple Pencil採用の可能性

これまで後継モデルが登場するのかも怪しいと言われていたiPad m

次期Apple Watchはジャパンディスプレイ製OLEDを採用か

Apple関連の情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が

次期Apple Watchか、新たにチタンとセラミックの筐体を追加へ

Appleの次期スマートウォッチ『Apple Watch』について

→もっと見る

PAGE TOP ↑