デジタル一眼レフ『Canon EOS Kiss X7』購入、開封レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/08/11 周辺機器 ,

 初めてのデジタル一眼レフとして『Canon EOS Kiss X7』を購入しました。さっそく開封レビューを記録したいと思います。

DSC04415

『Canon EOS Kiss X7』購入レビュー

  『Canon EOS Kiss X7』はレンズが2つ付属する「ダブルズームキット」を選びました。前回の比較検討では「APS-C」レンズはフルサイズ機を購入した時に後悔すると思いましたが、キット価格が破格なので様々なレンズを試す良い機会だと考え注文しました。

DSC04417

 大きめの箱を開けると左上にズームレンズ、左下は空箱(ズレ防止用)、右側にレンズ付き本体。

DSC04423

 『Canon EOS Kiss X7』本体の化粧箱。

DSC04424

 説明書などが置いてありました。

DSC04425

 その下にはカメラ本体と付属品。

DSC04429

 先ほどの説明書などが入った袋を開封、ボリュームがあります。

DSC04432

 下段に入っていた本体と付属品。

DSC04433

 世界最小・最軽量だけあり想像より小さく見た目より軽いので気軽に持ち運べそうです。

DSC04434

 分厚い「使用説明書」は白黒ながら図を使った見やすい参考書といった感じ、これから長くお世話になりそうです。

『Canon EOS Kiss X7』の本体を眺める

DSC04435

 底面にあるカードとバッテリーの収納部。

DSC04437

 付属されているバッテリーを入れますが充電されていないため初回は充電が必要。

DSC04438

 右からシャッターボタン、電子ダイヤル、ISO感度設定ボタン、電源スイッチ、モードダイヤルが並びます。

DSC04446

 左側面には上から外部マイク入力端子、リモコン端子、映像・音声出力のデジタル端子、ミニHDMI出力端子。

DSC04447

 前から見て右側にはEOS Kiss X7のロゴがあり、その上にはセルフタイマー時の通知と赤目緩和を兼ねたランプがあります。赤目緩和ランプはストロボ撮影する前に点灯して目が赤く映る現象を緩和するとのこと。

 ランプの左側にはストロボボタンがあります。

レンズマウントを見る

DSC04449

 レンズマウントの最上部にある赤い丸がEFレンズを取り付ける際に使う指標で、その右側にある白い四角がEF-Sレンズを取り付ける際の指標とのこと。今回のダブルズームキット付属のレンズは2つともAPS-CサイズなのでEF-Sレンズの指標で操作することになりそうです。

 中央にあるのがミラー、右端にあるボタンはレンズ取り外し用「レンズロック解除ボタン」。

SDカード「Eye-Fi」を入れる

 バッテリー充電が完了し電源を入れるとカードを入れるよう案内されました。

DSC04445

 手持ちのSDカードがEye-Fiしか残っていなかったのですが説明書を見ると設定メニューが用意されサポートしているようです。

 やはりEye-Fiを使うと電源の消費が多くなるという記載がありました。とりあえずセットアップは後日行うとしてSDカードとして使うことにしました。

初回の日付設定を行う

DSC04443

 日時とエリア設定が表示され、完了すれば撮影できる状態となりました。

レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を見る

DSC04451

 付属の「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を価格コムで見ると2015年1月4日時点で最安ショップにて24,495円となっています。キットだったので定価より安い価格で入手できたことになります。

DSC04452

 レンズ名に付いている「STM」はステッピングモーター(Stepping Motor)の略称(別名はパルスモーター)らしく、その特徴は起動や停止時のレスポンス・制御性の高さで静音性とスムーズな動作、レンズの小型化を実現しているとのこと。

DSC04453

 図の上部にある「AF」が自動ピント合わせ、「MF」が手動ピント合わせ。

 その下にある「STABILIZER」というのはキャノンの一眼レフ用レンズ内手ブレ補正機構で、その名の通り レンズ内で手ブレを補正するためファインダー像が安定、被写体の一部にピンポイントでピントを合わせることが可能、それぞれのレンズに合わせた補正が行えるのが利点のようです。

レンズを装着する

DSC04454

 レンズを装着するとコンデジの雰囲気とは異なり、デジタル一眼レフの頼もしい雰囲気が出てきました。

 それでも見た目とは裏腹にボディ・レンズともに軽く、気軽に連れ出せそうです。

DSC04456

 両側にストラップを取り付ける箇所があるのもコンデジでは味わえない楽しさかもしれません。

DSC04458

 いつかMyストラップを購入する日が来るのでしょうか。

外で撮影した感想

 実際に外で撮影してきましたがコンデジ「DSC-RX100M2」に比べると撮影する楽しさが段違いでした。

 まず手ブレがなくなり、人や動物がピタッと撮影できるようになりました。これだけでも感動モノです。セルフタイマーや風景撮影も行ったところ全体的に明るく実物に近い映像になったような気がしました。

 もう少し近づいて撮影できるレンズが欲しいのと三脚が荷物になったのでコンパクトなタイプを探したいと思います。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット
キヤノン
価格: 60,800円 (51%OFF) (2015/01/04現在)

レビュー数:91件

EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属



 前回の話
 初めてのデジタル一眼レフカメラ選び、画質か撮影頻度か―Canon EOS Kiss X7やNikon D3300など

よく一緒に閲覧される記事

大人気モデルの最上位「Anker PowerCore Fusion 10000」発売、発売記念セール中

家庭用コンセントで使えて、モバイルバッテリーにもなるということでミニマ

Nintendo Switch Proは4K/OLEDでバッテリー改善か、米任天堂社長の言葉

任天堂のファームウェアから以前より噂されていた「Nintendo Sw

ゲーミング毛布 『わたタンク』(BHB-1600)発売、肩まで布団に入ってスマホを

ビーズが冷えやすい首元まで毛布をしっかり被りこんだまま快適にスマホを操

→もっと見る

PAGE TOP ↑