東芝、世界初 1g以下の256GB SSDを展示―PCI Express Single Package SSD「BGシリーズ」 #CES2015

公開日: : 東芝 ,

 東芝 セミコンダクター&ストレージが最大容量256GBをBGAパッケージに実装した世界初のPCIe Single Package SSD「BGシリーズ」をCES 2015で披露しました。

TOSHIBA-PCIe-SSD

PCI Express Single Package SSD「BGシリーズ」

 東芝が現在開発中の「BGシリーズ」は最大容量256GBを16x20x1.65mmのサイズのBGAパッケージで実現した世界初のPCIeインターフェイス搭載Single Package SSD。128GB版では厚みが1.4mmとなっています。

インターフェイスについて

 物理インターフェイスは「PCI Express Base Specification Revision 3.0」、コマンドインターフェイスにはSSDに最適化された「NVM Express revision 1.1」を採用。

2.5型SSDと比べて

 Single Package型SSDで多く利用されている2.5型に比べ重さは約98%削減となる1g以下、面積も約95%以上を削減しており、モバイルPCの軽量化やバッテリースペースの確保による長寿命化が期待できるとしています。

PCI Expressバスのサポート

 「BGシリーズ」のSSDは小型デバイスで利用されているeMMCより優れたパフォーマンスと大容量化を期待できます。しかし、海外メディアによるとPCI Expressバスは消費電力の増加が懸念されモバイル向けプロセッサでサポートされていないとも伝えられており、今後の動向が注目されます。

Source:BUSINESS WIRE

よく一緒に閲覧される記事

東芝、1090gの13.3型『dynabook UX53/D』発表―指紋などスペック・発売日

東芝は6月1日、2017年PC夏モデルとして重さ1090gの薄型軽量1

30分で7時間駆動、『TOSHIBA dynabook V』シリーズ発表―スペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは12月1日、都内で開催した新製品発表

12.5型TOSHIBA dynabook RX82/A 発表、デジタイザペン2in1タブレットPCのスペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは7月12日、dynabookブランド

→もっと見る

PAGE TOP ↑